身長は何歳まで伸びる?タイムリミットがあるって本当?

身長は何歳まで伸びる

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

成長期は成長痛とともに、一晩ごとに身長が伸びていると言ってもいい程、ぐんぐん身長が伸びるものです。大体、女の子のほうが早く成長期を迎え、その後男の子もだんだんと男らしくなってきます。

身長が伸びるかな?と心配していても、だんだんと身体もしっかりとしてきて、身長も伸びるものです。でも、当然そのまま身長がいつまでも伸び続けるということはありませんよね。

では、いったいいつごろから身長は伸びてきて、いつごろ伸びが止まるのでしょうか?

身長を伸ばす上で心がけたいことや、注意点についてご紹介したいと思います。

身長はいくつぐらいでグッと伸びる?

それではいったい何時ぐらいに成長期をむかえ、身長がグングンと伸びてくるのでしょうか?それは「人それぞれに違います」と言ってしまえばそれまでですが、お子さんにも早熟タイプと晩熟タイプがあり、それによって成長期や思春期をいつむかえるかというのは、自然と変わってきます。大体女子のほうが10才前後と早く、男子が11才とされています。

身体が女性らしく、男性らしくなる

成長期、思春期は性徴期とも書くことからもわかるように、性の特徴がハッキリとしてくる時期でもあります。それぞれ男性ホルモン、女性ホルモンが分泌されてくると、女性は初潮を迎え、身体つきもそれぞれ男性らしく、女性らしくなってきます。

この期間、つまり成長期が最も身長が伸びる期間ともされています。

身長を伸ばすのに必要な栄養は?

この成長期・思春期にはこれまで少しずつ身長が伸びてきてたのが、一気に伸びてくるように変わる時期でもあり、身長だけでなく身体を作るうえで最も大切な時期でもあります。

ですからこの時期の食事はとても大切なものとなりますが、どのようなものを摂るといいのでしょうか?

関連記事成長期に必要な栄養素とは?野菜だけではバランスが悪い?

タンパク質

筋肉や血液、髪の毛を作るのに必要なタンパク質。大人よりも子供のほうがタンパク質は多く必要となるとされています。

カルシウム,吸収率
タンパク質は牛乳大豆に多く含まれています。牛乳でしたらチーズなどの乳製品、大豆でしたら納豆なども含まれます。

関連記事子供のたんぱく質摂取量知ってる?たんぱく質不足が招く弊害とは?

カルシウム

骨を作るうえで大切なカルシウムは、牛乳大豆に含まれてています。小さいうちから「牛乳を飲みなさい」と、よく言われたと思います。やはり、カルシウムは大切な栄養です。

身長を伸ばすサプリ

引用元:QURAS

関連記事カルシウム20倍アップ!?牛乳に勝る干し野菜の魅力とは?

マグネシウム

カルシウムと密接な結びつきのあるマグネシウムは、やはり骨や歯を作るもとともなり、ほうれん草に多く含まれます。

関連記事身長を伸ばすためにマグネシウムはなぜ大事?

亜鉛

身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌が欠かせません。亜鉛は成長ホルモンの働きを促し、牡蠣アーモンド大豆豚のもも肉緑茶に多く含まれます。

このような食材を「主食+主菜+副菜+汁物+果物」と、バランス良く取ることが大切です。カルシウムがいいからといって牛乳だけ飲んでいても、それだけではあまり意味のないことですし、牛乳を含め脂質の多い食材もあります。

関連記事子供の身長を伸ばすパワーは亜鉛にあった!夏場は特に必須!

取りすぎて太ると逆効果に

栄養を必要以上にとったり、偏った食事で太りがちになると、身長を伸ばすのには逆効果になります。と言うのも、身体が充分に成長したと勘違いしてしまい、成長ホルモンの分泌を抑えてしまうことなどがあるからです。

関連記事太っている子供は背が伸びない

身長が伸びなくなるのはいつごろ?

身長は伸びなくなるタイミングというものがあります。

人はなぜ身長が伸び、そして止まるのかそのメカニズムをご紹介します。

どうして身長は伸びるのか

骨が伸びると身長が伸びてきます。と言うよりも骨が伸びることと、身長が伸びることは同じということにもなります。骨と骨の間にある軟骨が細胞分裂を繰り返して、骨がつくられると身長が長くなります。

身長が伸びる食べ物
その骨と軟骨の境目を骨端線と言います。

いつごろ身長の伸びが止まるのか

思春期をむかえ女性ホルモン、男性ホルモンの分泌が盛んになると、骨端線は閉じてしまいます。骨端線が閉じてしまうと身長が伸びるのはゆるやかになってしまいます。

ですから女性も男性も思春期が終わるころには、身長はほとんど伸びなくなると考えられます。思春期は早く始まれば、その分早く終わりますし、遅く始まればその逆ですが、おおむね、18才ごろには終わると言われています。

それまでに骨をつくるのに必要な栄養素を取ることと、成長ホルモンの分泌を助けることが、身長を伸ばすには大切となるでしょう。

関連記事成長期終了?止まった身長はまた伸びる?

身長を伸ばすのに大切なことは?

さきほど、身長を伸ばすのに必要な栄養素、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛のお話と、食事が大切ということはお話しましたが、栄養を取るだけでなく、身長を伸ばすにはこの栄養を有効に使わなくてはなんにもなりません。身長を伸ばすにはまずは「成長ホルモン」の分泌がなにより大切となります。

身長を伸ばすには成長ホルモン

成長ホルモンは脳の一部から分泌されるホルモンで、骨の伸長と筋肉の成長を促します。さきほどご紹介したように軟骨の細胞分裂を繰り返し骨が伸びるということは、身長が伸びるということになります。

成長ホルモンの分泌には睡眠が大切

成長ホルモンは就寝後3時間から4時間の、眠りの深い時に最も分泌されると考えられます。睡眠が大切と言いましたが、長時間寝ればいいわけではありません。

質のいい深い眠りが必要になりますので、就寝前はストレスがかからないよう、また内臓からゆっくり休むことができるよう、2、3時間前には食事をすませるよう心がけましょう。

就寝直前のテレビ、パソコン、スマートフォンなど携帯電話の画面を見ることなども、深い眠りの妨げとなると言われています。

運動も成長ホルモンの分泌を促す

運動中や運動後も成長ホルモンは分泌されます。また、縦の動きの多い運動は身長を伸びやすくし、逆に筋肉をつけ過ぎると身長を伸ばす妨げとなります。

バレーボールやバスケットボールなど縦の動きの多い運動のほか、縄跳びやランニングなども身長を伸ばすのには有効と言えるでしょう。

栄養補助食品でタンパク質を補助しよう

近年では健康に対する意識が大変に高く、お子さんにむけた栄養補助食品なども、いろいろと揃えられています。

大豆や野菜を原材料にした健康補助のための食品が多く、水や牛乳でシェイクするだけで簡単に出来るタイプのものも多数あります。

関連記事栄養補助食品でおすすめはこれ!成長期に飲んだほうが良いのびのびスムージーとは

医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

栄養素を食事だけで取るのは大変なこと

栄養を考えて「3食バランスのいい食事を」と言っても、なかなか難しいこと。ライフスタイルの多様化で、作るのも食べるのも朝は時間がないというひとがほとんどかと思います。

プロテインやサプリメントなどの栄養補助食品に頼り過ぎてもいけませんが朝ごはん代わりに、間食代わりにと時間のない時の補助として利用するのがおすすめです。

また、太っていると身長が伸びにくいとお話しましたが、ほとんどの栄養補助食品は低カロリーで高タンパク質なため、やはり上質のタンパク質を手軽に取る手助けとなってくれます。

取り過ぎても意味はない

タンパク質は取り過ぎると尿として体の外に排出されます。尿として排出されるということは、腎臓に負担がかかるため、意味がないどころか逆効果とも言えます。

成長期にはなにより規則正しい健康的な生活を

まず成長期には「食事」と「睡眠」そして「運動」と、規則正しい健康的な生活を送ることにより3、4年の間にグングンと身長が伸ばすことができます。

周りの大人も、またお子さん自身も、大人になってからのしっかりとした身体を作る上で大切な時期だという認識を持ち日常生活を送りましょう。ほんの少し意識するだけで身体にも心にも良いものに変わってくるはずです。

まとめ

  • 子供にも早熟タイプと晩熟タイプがあり、それによって成長期や思春期をいつむかえるかというのは、自然と変わってくる。
    大体女子のほうが10才前後と早く、男子が11才とされている。
  • 栄養を必要以上にとったり、偏った食事で太りがちになると、身長を伸ばすのには逆効果。
  • 思春期が終わる頃までに骨をつくるのに必要な栄養素を取ることと、成長ホルモンの分泌を助けることが、身長を伸ばすには大切。
  • 身長を伸ばすにはまずは「成長ホルモン」の分泌がなにより大切。
  • プロテインやサプリメントなどの栄養補助食品に頼り過ぎてもいけないが、朝ごはん代わりに、間食代わりにと時間のない時の補助として利用するのがおすすめ。
  • 成長期には「食事」と「睡眠」そして「運動」と、規則正しい健康的な生活を送ることにより3、4年の間にグングンと身長が伸ばすことができる。

 

SNSでもご購読できます。