成長ホルモンには睡眠時間が大切!ストレスによる不眠に注意!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

思春期のお子様の成長に影響をきたす成長ホルモン。その重要なホルモンを活性化し、スムーズに分泌する時間帯があります。

それは何気に過ごしている生活の時間帯でもあるため、不規則な生活を見直すだけでも成長ホルモンの分泌量に差が出るでしょう。

身長を伸ばす成長ホルモンとは

人間の視床下部付近の脳下垂体という部位から分泌される成長ホルモンは、思春期に最も多く分泌され、特に身長の伸びに深く関わる重要なホルモンです。

簡単に言ってしまえば、先天性、後天性の疾患などで成長ホルモンが分泌されにくくなれば、身長の伸び悩みが発生します。

また、成長ホルモンという名称からして、成長期の子供のために分泌される身長を伸ばすだけに特化したホルモンというイメージが強いですね。

ですが、この成長ホルモンは思春期をピークにその後は少量ではありますが、分泌し続けて私達の生体機能に深く関わりを持つ事になるのです。その効果とは主に次のようなものです。

  • 肌や髪を健やかに保つ
  • 肥満防止のダイエット効果
  • 疲労回復効果

そうした事情を逆手にとれば、成長ホルモンの分泌を促せば促すほど、肌や髪はツヤツヤにアンチエイジングができて、無理な食事制限やエクササイズをせずにダイエットができてしまうという事になるでしょう。

また、栄養ドリンクなしでも疲労回復ができてしまうという事になるのです。まさに、マルチな効果を発揮する成長ホルモンをいかに長い人生のうちに安定的に分泌させられるかも健やかな体を保つ鍵となるでしょう。

関連記事成長ホルモンの分泌を効果的に増やす方法とNG行為

成長ホルモンを促す生活習慣

成長ホルモンは食事や運動などの生活習慣の中でコントロールできるホルモンです。
以下にあげる生活習慣に見直しがあれば早めに立て直してあげるのも、心身の発達が目覚しい成長期のお子様を持つ親の役目でもあるでしょう。

特に子供だけでは、生活の見直しが困難です。食事をこしらえたり、運動をする場を提供してあげられたりするのも親だからこそできるフォローの仕方です。

適度な運動

成長ホルモン 時間
適度な運動は身長を伸ばすと言われています。その詳細とは次にあげるものです。

骨端線が活性化する

運動によって適度な刺激が加われば成長ホルモンが盛んに分泌されます。そのホルモンは身長を伸ばす要となる足の骨の継ぎ目である骨端線に働きかけて伸びを促進させるでしょう。

ちなみに適度な刺激のある運動とは、少し早歩きで走る有酸素運動のウォーキングをおすすめしたいところですが、もし、お子様の安全を考慮したいのであれば、縄跳びなどの身近にできる運動でも十分なのです。

これなら、庭の片隅や場合によっては家の中でも簡易的に取り組めますね。親の視界範囲で安全に取り組める運動となるでしょう。

運動により食欲が湧く

適度な運動は成長ホルモンを促す以外にも、身長の伸びに貢献しています。それは、適度な運動はカロリーを消費して食欲の増進が期待できるでしょう。

たくさん食べる事は、成長に必要とされる豊富な栄養素を補うチャンスでもあるのです。

運動もしないでテレビやゲームばかりしている生活では、カロリーも消費せずに空腹にもなりません。

運動により熟睡できる

運動をする事により、心地よい疲れが得られるでしょう。そうなれば、夜にぐっすり眠る事ができます。睡眠は成長ホルモンが得られる絶好の時間帯です。運動の疲れで質の良い睡眠を得たいものです。

逆に過激な運動をしてしまうと、筋肉の疲労を修復しようと成長ホルモンがそこでたくさん消費されてしまうため、身長の伸びの為に使用される成長ホルモンが得られなくなるでしょう。

バランスの良い食事

 
身長を伸ばしやすくするには、沢山の栄養素を満遍なくバランス良く摂取する必要があるでしょう。特に成長ホルモンを増やしてくれる食事は必須アミノ酸などが豊富な食事です。肉や魚だけでなくカルシウムなども求められます。

小学生頃ならば親の作る料理を素直に食べてくれますが、年齢が上がれば上がる程友達とファーストフード店などで外食するなどの行動が目立つようになります。

また、最近は環境の問題などから食品アレルギーを引き起こすお子様も多く、成長に欠くことのできない牛乳などの乳製品アレルギーや、良質なタンパク質が摂取できる魚のアレルギーなどを抱えているケースが少なくないでしょう。

これらの成長に必要な栄養素を摂取したくてもできないお子様が増えているのです。

そうしたサポートして、乳アレルギーにより乳製品からカルシュウムが摂取できないのならば、小魚やひじきなどのアレルギーのない食材でカルシュウムを摂取したり、時にはサプリメントなども上手に利用したりしましょう。

関連記事子供の身長を伸ばす為の3大要素!?必要な栄養素とは?
関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

特に大切な睡眠時間

運動、食事の他にも忘れてならないのが睡眠と成長ホルモンの関係です。特に睡眠という時間を疎かにしてはいけない時期が成長期なのです。

では、なぜ睡眠が成長期には大切なのでしょうか。

睡眠中はホルモン分泌が最高潮の時間帯

午後10時〜午前2時の約4時間をゴールデンタイムとか、シンデレラタイムなどと呼ぶ人もいます。この時間帯は成長はもちろん、美容や健康に関係する成長ホルモンの分泌が最高潮に達するからです。

また、成長ホルモンだけでなく、あらゆるホルモン分泌が盛んになる為、見逃してはならない貴重な時間帯なのです。もちろん、この時間帯をただ起きて待っているという事ではありません。

成長ホルモンはクォリティの高い睡眠中に得られるものなのです。

より良い睡眠のために

睡眠が成長ホルモンを向上させる唯一の時間帯である事が理解できていても、それをなかなか実現させるのは難しいものです。

現代に生きる思春期のお子様達の周りには、スマホやポータブルゲームなどの誘惑も多く、寝る前の興奮や脳への刺激で睡眠が阻害されている事が多いでしょう。

成長ホルモン 時間
他にも、お子様の睡眠を邪魔する要因はたくさんあります。親は次の事に気をつけてより良い睡眠を促すお手伝いをしてあげましょう。

そのためには、「枕の高さは十分であるか?」「寝心地の良い清潔感のある寝具類であるか?」などの物理面から整えてあげたり、「なんらかの悩みで眠れていないのでは?」など、心理面から案じてあげる事も大切なのです。

不眠をもたらすストレス

現代病ともされているストレスは大人だけに襲い掛かるものではありません。学校生活、友人関係、家庭環境、進学悩みなど、あらゆる環境が要因となり、子供にも容赦無く襲い掛かるでしょう。

こうしたストレスがエスカレートすると、子供でも不眠を引き起こします。

不眠は成長ホルモンの分泌量を減少させるだけでなく、心疾患をはじめとする様々な病気の引き金となります。

睡眠不足にさせているストレスの原因を親子の対話で十分に引き出し、一緒に対策を考える事で不眠が緩和され、質の良い睡眠が得られるでしょう。

親は、たとえ子供でも、ストレスを抱える事があると認識していなければなりません。

また、リラックス効果を与え睡眠に入りやすくする目的として、アロマの香りや音楽などで、五感に働きかけるような対策を取り入れてあげるのも良いでしょう。

関連記事身長を伸ばす為に睡眠時必要な7つのポイント!

年齢を重ねても、分泌し続ける成長ホルモンは、運動、食事、睡眠の3つの生活週間の柱に気をつけてあげる事で正常な分泌量をキープしてくれるでしょう。特に子供の場合、自分で生活をコントロールするのは難しい事が殆どです。親のサポートがとても大事になるでしょう。

親は子供に対して成長ホルモンの重要な役割をうまく説明しながら、二人三脚で生活するのが理想的です。

また、子供がなんらかの悩みを抱えていては、食欲が出なくて食事が疎かになり、不眠で成長ホルモンの恩恵を受けられない状態になるでしょう。親は子供の根本的なストレスを解消しながら生活を正してあげる事が大切です。

まとめ

  • 人間の視床下部付近の脳下垂体という部位から分泌される成長ホルモンは、思春期に最も多く分泌され、特に身長の伸びに深く関わる重要なホルモン。
  • 成長ホルモンを促す生活習慣として「適度な運動」「バランスの良い食事」「睡眠時間」が挙げられる。
  • 特に睡眠時間は大事で、睡眠中はホルモン分泌が最高潮の時間帯と言われている。

 

成長期のための栄養がバランスよく配合されたスムージー

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

SNSでもご購読できます。