低身長というコンプレックスをカバーするシークレットブーツ

シークレットブーツ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

当然ですが、人間は性格はもちろん見た目においても千差万別です。他人からすればあまり気にならないことでも、自分では顔や体型などをコンプレックスに感じている人が少なくありません。

2014年の、リクルート社R25による、20第の男性200人に調査したアンケートによると、男性のコンプレックス第1位は「身長が低いこと」だそうです。

また別のアンケートでは、仮にコンプレックスにまでは思っていなくとも、自身の現状の身長に満足しているか否かという問いに対して、約51%もの人が「満足していない」と回答しています。

身長が低いと女性と並んで歩くにもバランスが悪いと考えていたり、男性の理想の身長の75%が170cm以上であることから、自身の理想の身長に届いていないことで不満を抱えていたり、自分に自信が持てなかったり、ということが考えられます。

大人になっても身長は伸びる?

そもそも身長が伸びる仕組みを簡単に説明します。

 
人の骨には骨の端側に「骨端線」という軟骨があり、思春期を迎える前、つまり幼少期にはこの骨端線が柔らかい状態です。成長ホルモンの影響を受けると骨端線は伸びていきます。伸びた骨端線は時間がたつことで固まり、固定されます。これが成長とともに身長が伸びた部分です。

つまり、成長ホルモンが効率的に分泌されずに骨端線が伸びない場合や、骨端線が伸びきってしまったあと、もしくは骨端線が伸びきっていなくとも成長期を終えて骨端線が固まってしまった後では、もう身長が伸びることはありません。

一般的には、成長期の終わり、つまり18歳から20歳ぐらいを超えると身長を伸ばすことは難しいと考えられています。

背を高く見せるには

もう身長を伸ばすことはできない、といってしまっては、悩みを解決する方法がなくなってしまいます。身長を伸ばすこと自体は難しくても、少しでも身長が高く見える方法をいくつかご紹介します。

姿勢を良くする

パソコンやスマホなどを頻繁に使用する人は、特に猫背の傾向があり、背中がまるまってしまっている人が少なくありません。しかし、もちろん猫背では実際の背の高さよりだいぶ小さく見えてしまいます。

それだけでなく、顔がはっきり見えていないので暗い印象を与えてしまうこともあります。たとえば腹筋や背筋を鍛えて、立っているときや歩いているときにはしっかり胸を張れているか、まっすぐな姿勢を保てているか、常に気にするようにしてください。

姿勢は習慣のひとつでもあるので、最初はしんどくても意識を続けているうちに次第に苦しいと感じることもなくなってきます。

関連記事O脚や猫背の方に朗報!矯正することで身長アップのメカニズム公開

コーディネートは「上」にアクセントを

人から見られているシーンでは、なるべく目線を上にしてもらうほうが襟元身長が高く見えるようです。たとえば帽子をかぶったり、襟元や胸ポケットにアクセントがあるシャツを選ぶようにしてください。冬の時期であればマフラーなどを利用したコーディネートもおすすめです。

シークレットブーツを履く

身長を高く見せる、というのではなく、そもそもの身長を高くする、というファッションアイテムもあります。もちろん、身に付けるものによって本当に背が伸びる、ということはありません。けれど、一時的に背を高くするものならば存在します。

たとえば、女性でいうところのハイヒールです。ハイヒールの靴を履けば、その分背が高くなりますよね?

関連記事今や常識?低身長女子のマストアイテム・シークレットヒール

ハイヒールは、そもそも足を長く見せてスタイルをバランスよく見せるために作られています。女性におけるハイヒールと同じように、男性にも背を高くするための靴があります。シークレットシューズというものです。

シークレットシューズは、女性のハイヒールのようにヒール部分が高くなっていることがどこから見てもわかるものではありません。一見すると普通の靴のようですが、靴の中側のかかと部分に高さがあるため、周りから見てもシークレットシューズを履いている、ということは気が付きません。

シークレットブーツ
その中でも、特におすすめなのはシークレットブーツです。普通の靴と違い、足首ぐらいまであるブーツタイプのものです。シークレットシューズの場合には、くるぶしの位置が少し高くなってしまい違和感が出てしまう場合もありますが、ブーツであればくるぶしの部分まで隠れているので、周りから見てもより自然な状態です。

3cmや5cm、7cmと高さも選ぶことができるので、自分の理想の背の高さにあわせて高さを選ぶことができます。中には10cm以上の高さのものもありますが、10cm以上あると脱いだときに身長とのギャップが大きすぎるため、あまりおすすめできません。

シークレットブーツは、オンラインショッピングなどで購入することもできますが、男性用のシューズショップで取り扱っている場合もあります。初めて購入する場合には、きちんと自然に見えるか、歩きにくくないか、などの不安を抱えている人も多く、このような場合にはシューズショップで実際に履いてみてから購入すると安心です。

関連記事シークレットシューズで低身長を何気なくカバーする方法

まとめ

  • 一般的には、成長期の終わり、18歳~20歳ぐらいを超えると身長を伸ばすことは難しいと考えられている。
  • 背を高く見せるには「姿勢を良くする」「コーディネートは「上」にアクセント」「シークレットブーツを履く」などの方法がある。
  • 10cm以上あると脱いだときに身長とのギャップが大きすぎるため、あまりおすすめできない。

 

SNSでもご購読できます。