手軽に身長を伸ばす?シークレットインソールは3cmが自然

インソール シークレット 3cm

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

近年、ファストファッションなどの流行も手伝って、男性女性問わずファッションを楽しむ人がとても多くなりました。洋服など外見のおしゃれに興味を持てば持つほど、気になってくるのが体型などの悩みです。

あともう少しスリムだったら、あともう少し足が長ければ、と、どんな人でも自分の体型や体格に少なからず気になる部分があるのではないでしょうか?

身長の悩みに性別は関係ない

男性女性ともに、体型の悩みの多くを占めるのが、身長の悩みです。女性であれば体重などを気にしている人も確かに多いのですが、体重は努力によってある程度変えることができます。

しかし、身長というのは大人になってから伸ばすことができるものではありません。変えられないものだからこそ悩みの種になるものです。

意外なことに、よく考えると身長の低い高いに基準というものはありません。背の高さを気にしている人でも、「じゃあどこからが”背のたかい人”なの?」と聞かれると悩んでしまうことが多いのではないでしょうか。

つまり、背の高さというのは一定の基準があるわけではなく、あと●センチ欲しかった、身長●センチの人が理想的、など、個人個人がそれぞれの基準で思っていることです。

その一方で、いくらそれぞれの基準といわれても、気になるものは気になります。では、背が低いことを悩んでいる人向けの対策はないのでしょうか?

シークレットシューズ

背を高くするためのアイテムとして、シークレットシューズというものがあります。

 
これは、女性でいうハイヒールを想像してもらうとわかりやすいです。ハイヒールと違うのは、周りから見てもわかりにくいこと。靴の外側にヒールがついているのではなく、靴の内側のかかと部分が高くなっています。

男性用の商品の方が多くラインナップされているのが特徴で、ビジネスシーンでも使用できるローファータイプのものから、カジュアルに使えるスニーカータイプのものまで、幅広い商品展開があります。

関連記事シークレットシューズで低身長を何気なくカバーする方法

シークレットインソール

靴そのものにかかとの高いソールが内蔵されているもの以外には、中敷きタイプのシークレットインソールもあります。ウレタン製でクッション性に優れていたり、シリコンタイプで歩きやすいものまでいろいろな素材がでています。

インソール シークレット 3cm

引用元:楽天市場

 
シリコンタイプであれば繰り返し洗って使用できるので、衛生面でも文句なし。普段履き慣れている靴に使用できるのは嬉しい特徴です。

シークレットシューズとシークレットインソールの比較

では、シークレットシューズとシークレットインソール、結局はどちらを選べば良いのでしょうか?

それぞれのメリットなどをあげながら比較してみましょう。

価格面での違い

まずは価格面。シークレットシューズの価格は5,000円ぐらいからです。しかし、これは商品によってかなりばらつきがあり、1万円を超えるものもあります。一般的な靴と同じように考えれば問題ないでしょう。

それに対してインソールタイプのものの場合は、安いものでは1,000円しないものから、高いものでも5,000円ぐらいです。

ソールの高さの違い

ソールの高さはどうでしょうか?

シークレットシューズでは10cm以上のものも展開されていますが、インソールタイプのものの場合は、最高で約5cmぐらいです。どうしても高さを求めるのであれば、シューズタイプのものの方がおすすめです。

見た目は自然なものを選びたい

ソールの高さと合わせて重要なのが、見た目の自然さです。せっかく背を高く見せることができても、周囲からすぐにわかってしまうようでは、元も子もありません。

シークレットシューズは、内側のソール部分を高くするだけでなく、外側にも高さがわかりにくい工夫が施されているので、より自然に背を高く見せることができます。ただし、10cmを超える高さになると脱いだときのギャップも大きく、かえって違和感を与えてしまうことも。

シークレットシューズで背を高く見せたい場合には、7cm程度までの高さを選ぶほうが、より自然な印象を与えることができます。

インソールタイプのものは、一見手持ちの靴にどれでも装着できて便利なように感じますが、実は多少靴の形を選びます

吐き口が浅いタイプの靴だとくるぶしの位置が高くなってしまうので、普通に靴を履いているときにくらべると違和感を与える場合があります。ブーツやハイカットの靴などを選ぶと、より自然に履くことができます。

シーンに合わせて選択しよう

インソール シークレット 3cm
それぞれの特徴を紹介しましたが、一概にどちらが良い、といえるものではないことをおわかりいただけたのではないでしょうか?

インソールタイプのものではなかなかローファーなどで自然に使用することができないので、ビジネスシーンで使用する靴の場合はシューズタイプを選ぶのが無難かもしれません。

逆に、スニーカータイプではシークレットシューズではあまりデザイン展開がないため、インソールタイプの方が良さそうです。

このように、使用したいシーンなどに合わせて、どちらの商品を選ぶか使い分けても良いのではないでしょうか?

インソールタイプのものでも、靴屋さんやスニーカーショップで試し履きをさせてくれるお店も多いので、ぜひ一度実際に体験してみて、自然さなど気になる点を確かめてみてください。

まとめ

  • リーズナブルな価格で選ぶならインソールタイプ。
  • 高さで選ぶなら10cm以上のものも展開されているシークレットシューズ。
  • より自然な見た目を重視するなら、シークレットシューズなら7cmまで、インソールタイプならブーツやハイカットの靴などを選ぶと、より自然に履くことができる。

 

中学生・高校生の成長に特化した成長サプリ「プラステンアップ」

ご購入はこちらから!プラステンアップ公式サイト

詳細はこちら!プラステンアップ公式サイト

SNSでもご購読できます。