5歳児の身長や体重の平均値と成長の状態、感情面での成長とは

5歳児 身長

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

5歳児といえば、もう小学校入学もすぐそこです。ついこの前幼稚園に入り、ついこの前つかまり立ちをし、ついこの前生まれたばかりな気がするのに、気がついたら、もうすっかり手がかからなくなってくるころですよね?

子供の成長は嬉しい反面、小学校入学などまたひとつ成長の過程での大きな転機を迎えるとなると、このままで大丈夫かな…といろいろと不安なことが増えてきてしまうものです。


また、この頃にはすっかり性格や個性など個人の特徴が出始めて、お隣の子の方がいくらかしっかりして見える、と比べてしまうこともあるでしょう。

親にとって気がかりなのは、体の成長においても同じことです。他の子に比べて身長が小さかったりすると、まだまだこれからが背が伸びる時期だと頭では理解していても、ずっと小柄なまま成長していくのではないかと懸念していまいます。

育児の過程では、親が余計な不安やストレスを抱え込んでしまわないようにすることがとても重要です。

現状がわからないまま不安になっても仕方ないので、5歳児の身長や体重、成長の特徴などの平均的な内容を理解しておきましょう。

5歳児の身長や体重

幼児期であっても男の子と女の子では、わずかに体格差があるので、まずは男女別に月齢ごとの平均身長を調べました。

まずは男の子の身長の平均です。

5歳児(男児)
月齢 平均身長
0ヶ月 106.7cm
1ヶ月 107.3cm
2ヶ月 107.8cm
3ヶ月 108.3cm
4ヶ月 108.9cm
5ヶ月 109.4cm
6ヶ月 110cm
7ヶ月 110.5cm
8ヶ月 111.1cm
9ヶ月 111.6cm
10ヶ月 112.2cm
11ヶ月 112.7cm

そして、以下が女の子の身長の平均です。

5歳児(女児)
月齢 平均身長
0ヶ月 106.2cm
1ヶ月 106.7cm
2ヶ月 107.3cm
3ヶ月 107.8cm
4ヶ月 108.4cm
5ヶ月 108.9cm
6ヶ月 109.5cm
7ヶ月 110cm
8ヶ月 110.6cm
9ヶ月 111.1cm
10ヶ月 111.6cm
11ヶ月 112.2cm

5歳6ヶ月を区切りとした前半と後半に分けたとき、男の子の場合の5歳前半の平均体重は18.3キロで、後半が19.6キロです。女の子の場合はそれぞれ、17.9キロと18.9キロです。

5歳になると、男の子と女の子の体格差に緩やかに開きが出てきます。

男女差だけでなく、5歳ごろから身長が急激に伸びる子が増えたり、筋肉がつくられて体格ががっしりとしてくる子が出始めます。そのため体の大きさは性別にかかわらず子供によって個人差が大きくなってきます。

健康上他に大きな問題がなければ、多少平均より背が小さかったりしても、重大な問題ではないことがほとんどです。

スピード感を楽しめるようになるので、駆け回ったり自転車で走ることを楽しそうにしている子供が多く、ジャングルジムや段差など、高いところに登ることもできるようになります。

しかし、まだまだ足の筋力が追いついていない部分もあり、本人が思っているよりスムーズに足を動かすことができていないので、転んだりつまずいたりすることがあります。

また、科学的なことなどに興味を持つ時期でもあります。虫や動物、花などに興味を示すので、動物園や水族館がより楽しめるようになります。

関連記事子どもの身長や体重の平均値とは?年齢別・男子と女子の平均値

感情面での成長

2歳のころ、子供は初めて「自我」が芽生え始めます。そのときは理性がまだ働いていなかったので、親のいうことにとにかくなんでもかんでも否定をしてみたり癇癪を起こしたり、と手がかかった、と感じている人もいるでしょうか?

5歳になると、子供は今度はその自我をしっかりと理性で抑えてコントロールすることを覚えていきます。そのため、小さい頃より「思った事が通らない」とだけで泣いたり駄々をこねたりはしなくなります。

また、この頃は自分自身も他人と比べるようになったり、褒めてもらいたいという承認欲求が強くなり始めます。そのため、何かやるたびにほめてもらいたがったり、ご褒美をほしがったりすることが出てきます。

自分とお友達を比べて、ことあるごとに羨ましい気持ちになってしまいやすいのも5歳ぐらいの子供にはよくあることです。お話をするときや、新しいことを覚えたりしたときには、まずは積極的にほめてあげるようにしてください。

友達と外で遊ばせよう

共働きの家庭も増え、親が忙しいため、遊びというともっぱらテレビゲームばかりになってしまう、ということがあるようです。しかし、この時期にしっかりと外で遊ばせることは、体にとっても心にとっても、大きく影響がでます。

鬼ごっこ遊びのような集団の遊びを家の外でするうちに、走ったら走った分だけ筋力は強くなっていき、丈夫な体の基礎となります。

また、ときには喧嘩をし、ときには譲り合いながら友達と遊んでいる過程では、自然と社会性が身につくものです。

もうすぐ小学校なんだからこのままでは困る、と逆に気負いすぎて何かと子供に厳しくしてしまうという悩みを聞く機会も多いです。

しかし、あまり考えすぎずにしっかりと個々の個性や特徴を把握しながら、まずは認めて尊重してあげるようにしましょう。

肉体面からも健康面からも子供の成長を促すためには、親がストレスをためずに、栄養管理や生活環境などをサポートしてあげてください。

関連記事4歳児の身長と体重の平均値はどのくらい?心や知能の成長の状態とは

まとめ

  • 男の子の場合の5歳前半の平均体重は18.3キロで、後半が19.6キロ。女の子の場合はそれぞれ、17.9キロと18.9キロ。
  • 新しいことを覚えたりしたときには、まずは積極的にほめてあげるようにする。
  • この時期にしっかりと外で遊ばせることは、体にとっても心にとっても、大きく影響がでる。

 

成長期のための栄養がバランスよく配合されたスムージー

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

SNSでもご購読できます。