子供の身長が低い!SGA性低身長症の判断基準と治療法とは?

SGA性低身長症

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

子どもの身長が標準の範囲以下だったり、成長率が低いという場合には、ただ小柄だというだけでなく、その他にも何らかの原因があるという場合があります。まわりの子供に比べて著しく身長が低い場合には、体質以外の原因を考えてみましょう。

身長が伸びるということは、骨と骨の間の軟骨が細胞分裂を繰り返し硬くなることによって、骨が伸びるということです。身長の成育は思春期とともに骨が大人の骨になり止まってしまうため、その前に適切な対処が必要となります。

今回はそんな低身長症の原因のひとつ、SGA性低身長症についてお話したいと思います。

SGA性低身長症とは?

SGAとは「Small‐for‐Gestational Age」の略です。赤ちゃんがお母さんのお腹のなか、胎内にいる期間を在胎週数と呼び、在胎週数によって標準の身長と体重が決まっています。その標準を下回っていることをSGAといいます。

SGA性低身長症

引用元:jcrgh.com

ですから早産で生またとしても、その在胎週数の赤ちゃんの標準身長・標準体重を下回っていなければSGAではないですし、出産予定日の前後に生まれてもそれを下回っている場合はSGAと呼びます。

SGAだからといって心配することもありません

そうして標準の身長や体重以下で生まれたSGAだからといって心配することはなく、経験なさったお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、およそ9割のSGAとして生まれた子どもが3歳までに成長が追いつくと考えられています。

あとの1割にSGA性低身長症の可能性が

3歳になっても成長が標準に追いつかない場合、SGA性低身長症の可能性があります。そうした場合、小学生になっても身長が伸びないというケースもあり、そのまま思春期が終わるということもあります。

SGA性低身長症

引用元:jcrgh.com

お子さんが低身長に当てはまるのか?SGA性低身長症の場合はどういった治療方があるのか?まずは、低身長の定義からご紹介します。

成長曲線を参考にする

母子手帳や健康保健機関、小児科学会などのサイトにお子さんの身長・体重の発育をつけていく成長曲線があります。手元にない場合は、ダウンロードをしてつけてみてください。

成長期の発育を記録する曲線グラフ・成長曲線には、標準身長の曲線と−2SDから+2SDというSD値が標準されているかと思います。

このSDとは「Standard Deviation」の略で標準偏差、つまり標準の身長からどれぐらい離れているのかを示す数値です。簡単に言うと−2SDから+2SDの範囲内であれば、標準身長の範囲内ということになります。

身長が−2SD値を下回る場合「低身長」ということになります。またそれだけでなく、身長は−2SDから+2SDの範囲内でも、1年間の身長の伸び率が−1.5SD値を下回る場合も「低身長」ということになります。数値で言うと小学校低学年までは、通常毎年4cm伸びているのが理想です。

SGAとして生まれたお子さんの場合、3歳を過ぎてもこの低身長の定義にあてはまる場合「SGA性低身長症」の疑いがありますので、専門医で診断してもらうといいでしょう。

SGA性低身長症の治療は?

先ほどもお話したように、思春期が過ぎると骨が硬くなり身長が伸びにくくなりますので、SGA性低身長症と診断された場合は、早めの治療がいいようです。

SGA性低身長症の治療には、骨の細胞分裂を促し、骨を硬くする働きのある成長ホルモンの投与が効果的だとされています。

SGA性低身長症の場合は保険内での治療も

成長ホルモンを投与すると、効果がみられれば最初の1年で随分と身長が伸びます。そのあとはゆるやかに身長が伸びていきますが、場合によっては長い期間成長ホルモンの投与をしなければいけないこともあり、気になるのが治療費です。

専門医からSGA性低身長症の診断をされた場合は健康保険の範囲内で、ホルモン治療をうけることもできますので、こちらもお医者さんでご相談なさってください。

関連記事低身長症の治療費は高い!保険適用以外の助成金とは?

ほかの病気が原因の場合も

SGAで生まれた場合でも、9割の小児が3歳までに成長が追いつくとお話しましたが、低身長にはSGA性低身長症以外にもほかの病気が原因となることもあります。

成長期に欠かせない成長ホルモンの分泌自体が少ない場合や、同じく甲状腺ホルモンの分泌が少ない場合、内臓疾患などにより栄養のバランスが崩れている場合など、SGA性低身長症以外の病気も考えられます

関連記事低身長の原因?病気の種類とそれぞれの治療方法をご紹介

成長に栄養と睡眠、運動も欠かせない

もともと成長ホルモンは治療により投与しなくても、運動や睡眠で分泌されるため、成長ホルモンの分泌には睡眠や運動も欠かせません。また、骨や筋肉をつくるうえでも、身体のもとになる栄養を普段の食事から摂ることも必要となります。

まずは普段の生活を規則正しく、また、成長のさまたげとなるようなストレスがなるべくかからないようサポートしてあげて、なおかつ成長を記録してみて低身長症の可能性があるようでしたら、なるべく早めにお医者さんに相談や、診察をしてもらうようにしてください。

関連記事寝る前にリラックス?成長ホルモンの役割と分泌のポイント!

まとめ

  • SGAとは「Small‐for‐Gestational Age」の略。赤ちゃんがお母さんのお腹のなか、胎内にいる期間を在胎週数と呼び、在胎週数によって標準の身長と体重が決まっていて、その標準を下回っていることをSGAという。
  • 3歳になっても成長が標準に追いつかない場合、SGA性低身長症の可能性がある。
  • SGA性低身長症の治療には、骨の細胞分裂を促し、骨を硬くする働きのある成長ホルモンの投与が効果的だとされている。

 

医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

SNSでもご購読できます。