子供の低身長症を心配する前に!子供の2年間の伸び率を記録しましょう

低身長症画像

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

成長期のお子さんをもつ親御さんや、お子さん自身にとって、ほかの子との体格の違いというのは、どうしても気になってしまうもの。できるだけ健康に、すくすくと育ってもらうためにはどうしたらいいのか、頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか?

しっかりとした栄養と食事、睡眠を取ることが成長期のお子さんにとっては一番ですが、なかには身長の発育を妨げる「低身長症」というものがあるのをご存知でしょうか?

低身長の基準は?

同級生を見ていてもなんとなく低身長なんじゃないか?といったものでなく「低身長症」というのは医学的に定義された数値があります。

まずはこの数値から「低身長」かそうでないかを判断するといいでしょう。素人判断では断定することはできませんが、低身長はなにか病気を原因とするものもあります。

標準の身長かどうかはSD値といった数値が基準となります。SD値とはどのような数値で、低身長の定義はどういったものでしょうか?

低身長の基準となるStanderd Deviation値 SD値とは?

低身長の定義にはSD値という数値が用いられます。母子手帳に「成長曲線」をつけている方もいらっしゃると思います、SD値は平均的な身長をもとにした「身長の偏差値」と考えてもらえばわかりやすいかと思います。

SD値はサイトなどを使い簡単に算出することができます。

+2SDから−2SDの範囲が標準の身長、−2SDを下回れば「低身長」と定義されます。全体のおよそ95%が標準身長の範囲内とされますので、「低身長」と定義されるのは100人いると2、3人といったところです。

関連記事低身長の2つの基準計測方法とは?

2年間の伸び率でも

「低身長」の定義はそれだけではなく、身長の伸び率でも「低身長」とされることがあります。1年間の伸び率が−1.5SDを下回り、それが2年続くようですと「低身長症」と定義されます。

SD値という話だけでは読んでいて分かりにくいかもしれませんが、小学校低学年を対象にお話しますと、標準で1年間に5cmから6cm身長が伸びるとされていますので、身長の発育が4cmを下回るようですと低身長症の可能性があります。

身長の成長率が心配な場合は、やはりSD値を算出して比較するのをオススメします。「クラスで小さいほうかな?」と気にはなっても、意外に「低身長」の範囲ではなかったということもよくあります。

低身長症の原因は

体格の違いにはよく「遺伝」という言葉を使いますが、「遺伝」と身長や体格の発育の関係はまだまだはっきりしていないことが多く、あまり影響しないといった考え方もあるようです。

「遺伝」かどうかは別として、家族は食事や睡眠、普段の運動など生活環境の影響を受けやすいものです。ですから、体格・体型なども似るということもあります。

関連記事低身長症は遺伝なの?遺伝や病気以外の原因は身近にある?!

発育には食事からの栄養や、身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌を促すために、運動や睡眠といったものが欠かせません。そのような生活環境のバランスの悪さも、身長の発育に影響を及ぼすことも考えられます。

また、せっかく栄養を取っていても、栄養が偏ったり、肥満気味ですと身長の発育に必要な栄養が十分でないということもあるばかりか、肥満は成長を止めてしまうこともあるそうですので、成長期の肥満にも注意したいところです。

関連記事太っている子供は背が伸びない!ママさん子供への食事は気をつけて!

ですから低身長が気になるようでしたら、やはり普段から栄養のバランスや、規則正しい生活を心がけるのも肝心です。

病気を原因とした低身長も

そうした家庭環境や生活環境のほかに、病気が原因とされる「低身長」もあります。身長の発育に影響を及ぼす病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

それには以下のような病気が考えられます。

  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • 甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの不足)
  • SGA性低身長症
  • 染色体の異常(ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群など)
  • 軟骨異栄養症(骨や軟骨の異常)
  • 内臓疾患(慢性腎不全など)

成長ホルモンや甲状腺といったものは、身長の発育に必要な分泌物ですので身長の発育に影響を及ぼすと考えられます。また、「SGA性低身長症」のように生まれつき小さく生まれてきたというようなものもあります。

関連記事SGA性低身長症の判断基準と治療法とは

こうした病気の場合、身長の発育に影響をおよぼし、低身長の原因となっている可能性もありますのでSD値を基準に低身長であったり、身長が伸びないといった発育の遅れが気になるようでしたら、学校医や小児科の先生にためらうことなく相談するようにしてください。早めの治療で発育の改善も期待できます。

病気でなくても低身長が気になるようでしたら

以上のような病気が原因ではない場合の低身長や、標準の身長の範囲内ではあるものの、身長が低いことが気になるようでしたら、まずは生活環境を見直してみるといいでしょう。

筋肉量,増やす,食事
発育に必要な栄養はもちろんのこと、身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌が必要となります。この成長ホルモンは睡眠時にもっとも分泌されると言われています。特に就寝前はリラックスして、質のいい睡眠を心がけるようにしてください。

関連記事成長ホルモンのために大切な時間は睡眠時にあり?

まとめ

  • 標準の身長かどうかはSD値といった数値が基準となる。
  • 身長の伸び率でも「低身長」とされることがあり、1年間の伸び率が−1.5SDを下回り、それが2年続くようだと「低身長症」と定義される。
  • 低身長が気になるなら、やはり普段から栄養のバランスや、規則正しい生活を心がけるのも肝心。
  • 家庭環境や生活環境のほかに、病気が原因とされる「低身長」もあり、身長が伸びないといった発育の遅れが気になるなら早めに学校医や小児科の先生に相談を。

 

医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

SNSでもご購読できます。