身長を伸ばすサプリって大人でも効果がある?選び方を教えます!

身長を伸ばすサプリ画像

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

顔や体型など、外見の要素には悩みやコンプレックスがつきものです。身長というのもその一つ。

女性に比べて特に男性は、身長が低いことに悩む傾向にありますが、女性でもスラリとしたモデルさんのような体型に憧れを抱く人も多く、やはり人並みに身長が高いに越したことはない、と考える人が多いようです。

成長の秘訣その1 「成長ホルモン」

コンプレックスや悩みを抱いている人が多いというのは、それだけ解決することが難しいということでもあります。

顔や身長は、簡単に変化することができません。

そもそも身長が伸びるのは成長期の間に限られています。

だからこそ、成長期の間に出来る限り身体作りをしっかりとサポートしたいものですね。

成長の秘訣は大きく2つ、成長ホルモンとカルシウムという成分の働きに関係しています。

睡眠

寝る子は育つ、という諺にもあるように、睡眠中には成長ホルモンが大量に分泌されます。

しかし、寝る子は育つとはいっても、寝れば寝るだけ良い、と考えてしまうのは実は誤解です。

成長ホルモンは眠りについてから約2~3時間、深い睡眠につくまでの間に最も分泌が多いようです。

したがって、その間にどれだけ質の高い睡眠をとることが効率的に成長ホルモンを促す鍵となります。

夜更かしや不規則な生活はもちろん、体や脳に刺激を与えてしまうので、寝る直前の入浴や運度、食事、テレビやスマホなどのブルーライトなどを控えて、子供がしっかりと眠れる環境を作るようにしましょう。

関連記事深い睡眠のために気をつけたい7つのポイント

運動

運動中、そして運動後のしばらくの間は成長ホルモンが大量に分泌されることが分かっています。

適度な運動をすることは体力をつけるだけでなく、身長を伸ばすという面にも大きく影響しているのです。

関連記事身長を伸ばすのに最適な運動やストレッチとは

成長の秘訣その2「カルシウム」

大人に比べるとそもそもの基礎代謝のような消費エネルギーが多いことに加えて、上記のように適度な運動が必要とされているためエネルギーの消費量が多いのが10代の子供の特徴です。

また、栄養の多くが体や臓器の成長などにも使用されるため、十分に栄養を取らなければ体の中の栄養分は不足してしまいます。

もちろん色々な栄養素をバランスよく摂取することはとても大切ですが、なかでも成長期の子供に特に大切な栄養素はカルシウムです。

カルシウムが不足すると骨を十分に強くすることができないため、身長を伸ばすことの妨げになってしまいます。

では、成長期の子供にとって十分な量のカルシウムというのはどれぐらいなのか知っていますか?

カルシウムの摂取基準量というのは様々な研究をもとに、厚生労働省からきちんと発表されています。

それによると、人間の体が一番カルシウムを必要としているのは、男女ともに12-14歳の3年間。女の子であれば約700mg、男の子ではなんと約1,000mgのカルシウムが1日に必要な量とされています。

身長を伸ばすサプリ

引用元:QURAS

1,000mgのカルシウムといえば、牛乳でいうと約1リットルもの量。

他にも様々な種類の栄養素を必要としていることを考えると、牛乳だけではなく小魚や青菜など、色々な食品からバランスよく摂取することが理想的です。

睡眠運動食事。この大きな成長の要素の中でも、特に親のコントロールが大切なのは食事です。

しかし、毎食栄養バランスが整った食事を作るのはとても大変。そんなとき、とても役にたつのがサプリメントです。

関連記事カルシウムを効率よく吸収するための三大栄養素

サプリメントに過剰な効果は期待しないこと!

今回は身長を伸ばすサプリメントに関する話がメインになりますが、その前に「そもそもサプリメントとはなんなのか?」「薬と何が違うのか?」といった疑問を整理していき、サプリメントの基礎知識をつけていきましょう。

最後まで読めばサプリメントのことが分かりますが、ここで伝えたいのは「サプリメントに過剰な効果を期待してはいけない。」ということです。

サプリメントとは?

日本では本当に多くのサプリメントが販売されておりますが、正式名称は「ダイエタリー・サプリメント」といいます。

実際にサプリメントを飲んだことがある人なら分かると思いますが、サプリメントの多くは手軽に飲みやすい錠剤タイプのものが多く、病院で処方される薬にも似ています。

また最近ではコンビニなどのいたるところでサプリメントが販売されていますが、やはりメインは薬局やドラッグストアです。

こういった点からサプリメントを「薬」と同じような感覚で扱ってしまう人もいますが、実際にはサプリメントは薬ではなく、「食品」に分類されています。

サプリメントを英語で書くと「Supplement」となり、これには「補う」という意味が含まれています。

つまり、サプリメントは薬のように病気やなんらかの症状を治すものではなく、栄養素などを手軽に補うためのものなのです。

サプリメントと薬の違いは?

サプリメントは栄養を補うもの、薬は病気や症状を治療するものですが、もう少し薬とサプリメントの違いを詳しくみていきましょう。

ここでは4つのサプリメントと薬の違いを説明していきます。

違い1…法令上での取り扱い

薬とサプリメントで決定的に違うのが法令上での取り扱われ方です。

薬、つまり医薬品を作る場合には、細胞実験、動物実験、ヒト実験を行い様々な信頼にたるデータを蓄積し、それと同時に製品の有効性や安全性をしっかりと確認します。

そして、薬事法という法律に基づいて行なわれる厚生労働省の検査をしっかりとクリアしたものだけが「医薬品」として扱われているのです。

そのため医薬品は、はっきりとその薬が持つ効果、効能を表示できます。

また医薬品は、医師しか処方できない「医療用医薬品」と、処方箋は必要がない「一般用医薬品」が存在します。

当然医療用医薬品は個人の判断で買うことはできませんが、一般用医薬品であれば薬局やドラッグストアの棚に陳列されています。

実際に手に取ってみれば、薬にはしっかりと効果・効能が記載されていることを確認できます。

一方でサプリメントは、医薬品のように薬事法にのっとって販売されているものではなく、あくまで「食品」という位置づけで販売されているものです。

そのため薬事法に基づいて行われる厚生労働省の検査をクリアする必要もなく、比較的簡単に販売ができ、その証拠に薬局やドラッグストアでは様々なサプリメントが販売されており、誰でも購入できます。

医薬品は薬事法に基づいて製造・販売されているため、しっかりと効果・効能を記載できます。

しかし、サプリメントはあくまで「食品」であり「栄養を補う」ものであるため、医薬品のように明確な効果・効能は記載できないことになっています。

違い2…期待できる効果

医薬品は病気の予防や治療を目的としており、薬事法に基づいて製造・販売されています。

そのため、はっきりと「効能・効果…湿疹、かぶれ、かゆみ」といったように期待できる効能・効果を表示できます。

当然のことながら、はっきりと効能・効果が記載されているため、医薬品を用法、用量を守って正しく使えば、記載されている効果を得られます。

一方サプリメントは健康維持や健康増進を目的としたものであって、食品として販売されています。

そのため、医薬品のように特定の疾患に対して、直接的に症状を治す効果はありません。

サプリメントを服用してできることは、あくまで不足している栄養を補うことだけであり、期待できる効果もあくまで栄養を補うことであらわれる体の変化にとどまります。

違い3…使用の選定者

病院で医師の診断のもと処方してもらえる医療用医薬品は、当然のことながら医師などの許可を得ているものしか薬を取り扱うことはできません。

もちろん、一般の人が医療用医薬品を利用することはできますが、これはあくまでも医師の診断のもとで薬を処方してもらえて初めて利用できるようになるため、選定者は医師ということになります。

また一般用医薬品は一般の人でも購入できますが、ハッキリとした効果・効能があるため場合によっては違う症状が悪化したり、予想もしない副作用があらわれることも考えられます。

こういった事態を避けるために、一般用医薬品が売られている薬局やドラッグストアには薬剤師がおり、一般用医薬品について「こんな症状があるけどどれを飲んだらいいでしょうか?」「この薬とこの薬は一緒に飲んでも大丈夫ですか?」といったように相談できるようになっています。

一方でサプリメントは医薬品ではなく食品に分類されているため、医療用医薬品のように選定者が定められていません。

つまり、医師や薬剤師、一般人関係なく、誰でも自由に購入し、使用できるということです。

違い4…使用期間

医薬品というのは、体になんらかの病気の症状があらわれたり、その兆候が確認できた場合に、それらの症状を治療、予防するために使用します。

そのため医薬品を使用する期間というのは、おのずと病気や症状が治癒されるまでの期間ということになります。

一方サプリメントには特定の病気を治療、予防する効果はうたわれておらず、目的は健康維持や健康増進ということになります。

そのため、明確な使用期間も定められておらず、使用期間は使用者本人が自由に決めます。

とはいってもサプリメントはあくまで栄養を補うものなので、サプリメントを服用してもすぐになんらかの体の変化は実感できません。

こういった理由から、サプリメントを使用する場合は長期間に渡ることが多いでしょう。

ここまで紹介してきたように、サプリメントと薬には様々な違いがあり、目的も異なるのです。

なぜサプリメントが流行っている?

最近では薬局やドラッグストアだけでなく、コンビニでも当たり前のようにサプリメントが販売されています。

これはそれだけサプリメントの市場規模が拡大しているということでもあり、実際に普段からサプリメントを利用しているという人も増えています。

なぜこんなにサプリメントが流行するようになったのでしょうか?

ここでは2つの理由について考えてみましょう。

高齢者の増加

みなさんもご存知のように、日本では高齢者の割合がどんどん増えていきます。

すでに年齢をある程度重ねている人なら実感しているかもしれませんが、やはり年齢を重ねれば重ねるにつれて、体の機能も衰えてきて病気やケガをしやすくなります。

こういった病気をしやすい高齢者が増えてくれば、そのぶん健康に気を遣う人も増えますから、サプリメントが流行するようになったと考えられます。

栄養不足

サプリメントは食事で摂取しきれなかった栄養を補うためのものですから、栄養が不足気味だと感じてサプリメントを利用するようになるのは当然のことです。

ここで考えたいのは「なぜ栄養不足になるのか?」という点です。

日本人が栄養不足に陥る理由は、生活習慣の変化や食の欧米化など様々考えられますが、最近では女性の社会進出も原因になっているのではないか?と考えられます。

昔の日本では女性が1日3食の料理を作るのが当たり前でした。

しかし、近年女性の社会進出がすすめられるようになり、女性が栄養バランスに優れた食事を作るのが難しくなってきました。

これは女性の社会進出そのものを否定しているわけではありません。

女性が従来の男性並みに仕事をするようになれば、料理に割く時間が減るのは至極当然のことであり、ましてや栄養バランスがとれた手の込んだ料理を作るのは、さらに難しくなるでしょう。

そこで男性も協力して、家族の料理を作るようになればまだいいのですが、現実はそううまくいきません。

また、食材に含まれる栄養価そのものが落ちてきていることも、サプリメントが流行している理由になっています。

特に昔と比べて栄養価が落ちていると考えられる食材が野菜です。

野菜は昔から日本の食生活を支えてきた食べ物ですが、作られ方は日々進歩してきました。

おかげで昔と比べて安定的に野菜が供給されるようになり、誰もが気軽に野菜を食べられるようになっています。

しかし、技術が進歩する一方で化学肥料の使用によって、土壌の栄養が減り、そこで育つ野菜の栄養価も減ってしまうのです。

こういったいくつもの背景を理由に、サプリメントが流行するようになったのです。

過剰な効果は期待できないけど…

ここまでの話で何度もいいましたが、サプリメントには薬のように病気を治療したり、症状を改善する効果はありません。

あくまで、サプリメントは栄養を補うためのものです。

そのため、サプリメントの宣伝などを見るとついつい「これを飲めば、痩せられるんだ!」といったようになにか劇的な変化を得られると感じてしまいますが、これは間違いです。

サプリメントにこういった過剰な効果は期待できません。

しかし、それではサプリメントを利用することが全く無意味なことなのかというと、そういうわけでもありません。

サプリメントには過剰な効果は期待できませんが、サプリメントに記載されている栄養を摂取できることは確かです。

これは身長を伸ばすためのサプリメントにも同じことがいえます。

身長を伸ばすためのサプリメントを飲めば、必ず身長が1cm!2cm!3cmとぐんぐん伸びるという保証はありません。

しかし、身長を伸ばすサプリメントを飲むことで、身長を伸ばすために不足しがちな栄養を補うことは可能です。

当然栄養が不足していれば、その分身長が伸びる可能性も低くなってしまいます。

そのため、サプリメントを飲んで栄養を補うことも十分意味のあることだといえるのです。

身長を伸ばすためのサプリメントの選び方

では、成長期に身長を伸ばすために必要なサプリメントは、どのように選んだら良いのでしょうか?

成長を促すサプリメントの種類

まず、子供の身長を伸ばすためのサプリメントにはどのような種類があるのか調べてみました。

すると、サプリメントもやはり成長ホルモンと栄養、そのどちらかをサポートするものに分かれるようです。

そして、それぞれさらに2種類に分けることができます。

成長ホルモンをサポートするサプリメント

直接成長ホルモンを口の中にスプレーなどで付着させるもの、そして成長ホルモンを効率良く分泌する成分をドリンクや錠剤で摂取するものがあります。

成長ホルモンの分泌を促す成分というのは、主に大豆製品に豊富に含まれているアルギニンという成分です。

大豆製品だけでなく、タンパク質が多く含まれている食品であれば、アルギニンが豊富な傾向があります。

身長を伸ばすサプリ

成長期に必要な栄養素をサポートするサプリメント

こちらのものは、先ほどの説明の通り、成長期に特にたくさん必要とされているカルシウムを代表として、

  • 何か一つの栄養素に特化して栄養をサポートするタイプ
  • 成長期の子供に必要とされる様々な栄養素を総合的に配合したタイプ

に分けられます。

サプリメントを選ぶ際の注意点

成長期の子供のサプリメントを選ぶ際に注意することはないのでしょうか?

やはり大切な子供の体に直接取り入れるものだからこそ、注意点は親がしっかりと理解したいところです。

いくつか注意点があるようなのでご紹介します。

成長ホルモンを直接口の中に付着させる

これは科学的な根拠が証明されていません。成長ホルモンは先に説明した通り、睡眠や運動、そして十分な栄養などをもとに体の中で分泌されるものです。

鼻や口など、体外から取り込んでも粘膜から吸収することはできず、胃の中では他の栄養成分と一緒に分解されてしまう性質があるからです。

アルギニンなど成長ホルモンの分泌を促すといわれている成分を含んだサプリメント

こちらもやはり上記同様学術的に効果が認められているものではありません。

単一の栄養成分で成長ホルモンの分泌量を増やすには、多くの量の成分の配合が必要になり、これはサプリメントで補助するのは不可能とされています。

カルシウムのサプリメントの効果

そもそも成長に対するカルシウムの効果自体と大きく関係しています。

カルシウムが不足すれば確かに骨を丈夫にすることや、身長を伸ばすことなどの成長の妨げの原因となります。

しかし、カルシウムそのものに骨を伸ばす働きがあるわけではありません。

 

他の栄養分も同様で、骨を伸ばす働きのある栄養素というのは現在確認されていません。

そのため、これを飲めば背が伸びる、という単一の栄養素はない、というのが現状です。

結論としては、成長期の子供にはバランスよく様々な栄養を摂取することが欠かせないということがわかります。

成長ホルモンを体内で効果的に作り出すためにも、成長を妨げないためにも、カルシウムやアルギニンだけでなく、タンパク質炭水化物ビタミンB群を始めとした色々な栄養素を摂取するのが理想です。

そのためには、必要な栄養素を総合的に配合したサプリメントがオススメです。

また、子供用にかかわらず、サプリメントに少ししか栄養素が配合されておらず、あとは糖などで作られているものなどもあるため、栄養の種類や配合されている分量などをしっかりと調べて選ぶようにしてください。

最近ではよりお子さんが摂取しやすいサプリメントとして成長期のためのスムージーなども販売しているのでそちらもおすすめです。

サプリメントを無駄にしないために!

瓶に詰められている錠剤のサプリメント、包装に包まれているサプリメントなど、サプリメントには色々な種類がありますが、同じ商品であれば1個の錠剤、1つの包装に含まれている栄養の量は、当然ながら変わりません。

だからこそ、誰が飲んでも同じように栄養を補えるのですが、実は飲み方によってはサプリメントの栄養を十分に摂取できずに、無駄にしていることもあるのです。

せっかくお金を払って購入しているサプリメントですから、誰でも無駄にはしたくないはずです。

また栄養をしっかりと摂取できなければ、その分身長が伸びる可能性も低くなってしまいます。

サプリメントを無駄にしないために気をつけたい3つのポイントを紹介しましょう。

ポイント1…水かぬるま湯で飲む

錠剤や粉末タイプのサプリメントを飲む場合には、なにかしらの水分が必要になります。

みなさんはサプリメントを飲むとき、なにと一緒に飲んでいますか?

お茶、ジュース、牛乳…。

もしこういったものと一緒に飲んでいるなら、今すぐやめて「水」もしくは「ぬるま湯」で飲むようにしましょう。

なぜかというと水やぬるま湯以外の水分には、サプリメントの栄養の吸収を妨げる成分が含まれている可能性があるからです。

どんなに成長を伸ばすために必要な栄養素がサプリメントに含まれていたとしても、その吸収が妨げられてしまってはサプリメントが無駄になってしまいます、

ポイント2…食後30分以内に飲む

薬の場合には、食前、食後など明確に飲むタイミングを指定されますが、サプリメントはあくまで栄養を補うものなので飲むタイミングの指定というのはありません。

しかし、少しでも効果を高めるなら食後30分以内にサプリメントを飲むようにしたほうがいいでしょう。

食事を食べる前と食べた後では栄養の吸収率に差があり、食後のほうが食前より吸収率は高くなります。

そのため、可能であれば食後30分以内に飲むようにしたほうが良いでしょう。

しかし、無理に「絶対に食後30分以内!!」と決める必要はありません。

「気付いたら食事を食べてから30分過ぎていたから、今日は飲むのはやめよう。」となってしまったら、本末転倒です。

ポイント3…継続して飲み続ける

身長を伸ばすサプリメントを無駄にしないために、最も大切なポイントは「継続して飲み続ける」ことです。

最初にも説明しましたがサプリメントは薬とは違うものであり、身長を伸ばすために必要な栄養をサプリメントで補ったとしても、劇的に身長が伸びるわけではありません。

しかし、世の中にはサプリメントを薬のようなものだと勘違いして、とにかく「飲めばすぐに効果が出る!」と思っている人が多いのです。

こういった人がサプリメントを飲むと、決まって飲みはじめてから1週間や1ヶ月経った頃に「全然変化が実感できない!」と言って、サプリメントの利用をやめてしまいます。

何度でも言いますが、サプリメントに即効性はありません。

そのため1週間や1ヶ月飲み続けても、変化が実感できないのは不思議なことではありません。

それを知らずに「サプリメントが悪くて、身長が伸びないんだ。」と勘違いして、サプリメントの利用を短期間でやめてしまえば、当然それまで飲んでいたサプリメントは無駄になってしまうでしょう。

それだけでなく、サプリメントを飲み続けることで伸びる可能性があった身長も無駄にしてしまうことになるかもしれません。

サプリメントを無駄にしないためには、最低でも3ヶ月~半年程度は飲み続けるようにしたほうが良いでしょう。

伸び盛りの成長をサポート!思春期が過ぎるまでが勝負!

身長は思春期が過ぎると、そこからはなかなか伸びにくくなります。

睡眠、運動、日々の食事だけでなく様々な考え方がありますが、あまり考えすぎずバランスよく心がける事が健康的な生活の第一歩です。

食事だけでは補えない栄養素、簡単に摂取して子供の身体作りを手助けしたいですよね。

今回ご紹介した内容が、皆さんと皆さんの大切なご家族の健康や成長のヒント・サポートとなれば嬉しく思います。

関連記事飲みやすく栄養バランスにも優れた「のびのびスムージー」

医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

まとめ

  • 成長の秘訣である成長ホルモンを効率よく分泌させるための鍵は「睡眠」と「運動」にあり。
  • 人間の体が一番カルシウムを必要としているのは、男女ともに12~14歳の3年間で、女の子であれば約700mg、男の子では約1,000mgのカルシウムが1日に必要な量とされている。
  • サプリメントは薬のように病気やなんらかの症状を治すものではなく、栄養素などを手軽に補うためのもの。

 

SNSでもご購読できます。