カリっと美味しいグミタイプの栄養機能食品『カルシウムグミ』の効果と口コミ

(c)GATAG http://gahag.net/

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

産まれたときが、平均約50センチを満たない身長だった赤ちゃんが、6歳で男子113.3センチ/女子112.7センチ。10歳で男子136.4センチ/女子136.9センチ。15歳になると男子167.1センチ、女子157.1センチと、1メートル以上も成長するということになります。

いまさらながら、人間の成長というものに(人間ばかりではありませんが)驚くと同時に、お子さんがどんどんと大きく成長していくのを見る守るのは、楽しい時間でもあり、親としての悦びでもあります。


子どもの成長には、親御さんや周りのおとなの愛情はもちろんのこと、日頃食事として摂っている栄養や、身体をつくるための運動など、欠かせないものが沢山あります。

ことに毎日のように口から入る野菜や肉、魚といったものの栄養は、健康な肉体や生命を維持するためにも、さらに成長期の子どもにとっても、大変に重要なものです。

なにしろ、最初にお話した身長のことでもわかるように、生まれてから18歳ごろまではグングンと身長は伸びますが、おとなになってから身長が伸びるということはほとんどありませんよね?

逆に言えば、第一成長期から第二成長期の間に、お子さんには成長に欠かせない、質のいい栄養を与えなければならないということになります。

成長期に必要な栄養素は?

成長期は子どもからおとなの身体に成長するうえで、さまざまな栄養素を必要とします。

関連記事成長期に必要な栄養素とは?野菜だけではバランスが悪い?

タンパク質

タンパク質は身体を構成する大切な成分です。
骨や筋肉をはじめ、皮膚、毛髪、血液、臓器をつくる大切な材料となります。

関連記事子供のたんぱく質摂取量知ってる?たんぱく質不足が招く弊害とは?

アミノ酸

成長期に必要な栄養素にアミノ酸もよく耳にすると思います。アミノ酸とタンパク質は密接なつながりがあります、というのも、タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、胃や腸から吸収されるのです。

アミノ酸には必須アミノ酸と呼ばれるものがありますが、必須アミノ酸とは体内でつくることのできない、食事などから取り入れなくてはならないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。

必須アミノ酸のなかには、おとなになれば体内で生成されるものの、子どものときには生成されにくい、また、されないものもあり、必須アミノ酸に分類されます。

カルシウム

骨をつくるにはカルシウムというように広く知られていると思いますが、骨はカルシウムの貯蔵庫のようにイメージするとわかりやすいかと思います。

牛乳に豊富に含まれているカルシウムですが、じつは腸内で吸収されにくい栄養素のため、成長に欠かせない栄養素であるにもかかわらず、不足しがちな栄養素でもあります。

このカルシウムを効率よく摂るには、ビタミンDのはたらきも欠かせません。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるはたらきがありますので、強い骨をつくるにはカルシウムにあわせて、きちんとビタミンDを摂りたいところです。

関連記事こんなに違う!カルシウム「吸収率アップ」のために知っておきたい3つの条件

マグネシウム

カルシウムとともに骨や歯をを構成する成分になるのがマグネシウムです。マグネシウムは、野菜に多くふくまれている栄養素で、カルシウムとマグネシウムのバランスは2:1が理想的とされています。

関連記事身長を伸ばすためにマグネシウムはなぜ大事?

亜鉛

成長期に必要な成長ホルモンをつくるのが、亜鉛です。骨をつくるにはタンパク質が欠かせませんが、そのタンパク質の合成を助けるのが亜鉛の働きです。

亜鉛が不足する亜鉛欠乏症になると、身長の伸びにも悪影響があるとされています。

関連記事子供の身長を伸ばすパワーは亜鉛にあった!夏場は特に必須!

コラーゲン

軟骨の原料となるのが、コラーゲンです。
身長が伸びるのは、骨にある骨端線という軟骨組織が細胞分裂を繰り返し、硬くなり骨が伸びるからです。その軟骨組織の原材料となるコラーゲンも成長期には欠かすことのできない栄養素です。

関連記事コラーゲンと身長の関係

ほかにもまだまだ沢山ある必要な栄養素

上に挙げた栄養素はあくまでごく一部です。特に成長期のお子さんには、ビタミンCやビタミンK、リン、葉酸、鉄分などなど、本当に多くの栄養素が必要となります。

こういった栄養素を食事からとるには、調理の仕方、例えば熱に弱いや、水に流れる、ほかになにと一緒にとれば吸収が高まる、といったような若干専門的な知識が必要になります。

また、例えばカルシウムを牛乳から摂ろうとしたときに、量を飲まなくてはならなくなり、同時に脂質を摂りすぎてしまうようなことがあります。

関連記事子供の身長を伸ばす為の3大要素!?必要な栄養素とは?

カルシウムグミ

身長を伸ばすには欠かせないにもかかわらず、腸から吸収されにくく不足しがちなカルシウムを「カルシウムグミ」から摂るのはどうでしょう?

カルシウムグミ
ほかにも成長期に必要な栄養を摂るためには、サプリメントなども市販されていますが、なかには独特な匂いや味があって、続けて飲むのが難しいものもありますが、「カルシウムグミ」ならヨーグルト味で、お子さんがおやつ感覚ですすんで摂ることのできるのも特徴です。

グミといっても豊富な栄養!

飲みやすい、ヨーグルト味のグミといっても、そこは栄養を補助するサプリメント、名前にもある「カルシウム」はもちろんのこと、しっかりと成長期に必要な「カルシウム」「ビタミンD」「マグネシウム」「亜鉛」「コラーゲン」も配合。

不足しがちな「カルシウム」は一日に800mgから1000mg摂取するのが推奨量とされていますが、実際は平均して200mg程度不足しがちです。

この「カルシウムグミ」には233.8mg(6粒あたり)カルシウムが配合されていますから、普段の食事にあわせて飲めば、カルシウム不足の予防にもなります。

また、さきほどお話したように、カルシウムの吸収を助ける「ビタミンD」や「マグネシウム」も配合されていますので、成長期のお子さんにはぴったりです。

安心のモンドセレクション受賞

お子さんの栄養補助にサプリメントなどを考えるときに、もうひとつ気になるのが安全性ではないでしょうか?

「カルシウムグミ」を調べていて目にとまったのが、NPO法人日本サプリメント評議会により「安心安全サプリメント」に認定されているほか、2016年まで6年連続モンドセレクションの最高金賞を受賞といった「味覚」や「衛生」面での実績です。

実際に原材料から厳しい品質管理と、放射能検査などに加え、お子さんの体内に入っても安心できるよう、アレルギー残留検査も実施されているそうです。

「カルシウムグミ」を安心してオススメできるのは、栄養の配合量、配合バランスに加えて、そのような「食の安全」に対する追及する姿勢にあります。

多くの喜びの口コミが

実際に「カルシウムグミ」を飲んでいるお子さんや親御さんからは、どのような声が聞かれるのでしょう?

一番多く見られた口コミが「おやつ感覚」という点です。
「カルシウムグミ」を試すまでに「牛乳嫌いでカルシウム不足が心配」や「食が細く困ってました」という親御さんの声が聞こえ多く見られますが、ほかのサプリメントとの決定的な違いが「子どもがすすんで飲んでいます」というような口コミではないでしょうか?

どんなに成長期に必要な栄養素が配合されていても、続けて飲むことができなければなんにもなりません。その点では飲みやすさというのは、カルシウムグミの大きな強みではないでしょうか?

また現実的な口コミでは「定期割引があり助かりました」や「サプリメントなどの効果には懐疑的ではありますが、30日間の全額保証があり試してみます」といった声です。こうした価格の面でも、はじめやすい、続けやすいといったことを支えているのではないでしょうか?
なにより「カルシウムグミ」の自信のあらわれのように受けとめられました。

公式サイト詳細はカルシウムグミ公式サイトでご確認ください

関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

まとめ

  • 「カルシウムグミ」はヨーグルト味で、おやつ感覚ですすんで摂ることのできるのも特徴。
  • NPO法人日本サプリメント評議会により「安心安全サプリメント」に認定されているほか、2016年まで6年連続モンドセレクションの最高金賞を受賞といった「味覚」や「衛生」面での実績もある。
  • ほかのサプリメントとの決定的な違いが「子どもがすすんで飲んでいます」というような口コミ。

 

SNSでもご購読できます。