一日2粒でカルシウム不足解消?『せのびーる』の効果と口コミ

せのびーる

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

成長期には大げさでなく、ひと晩寝ただけで「また身長が伸びた!」と、わが子の成長に驚くことがよくあるかと思います。

「寝る子は育つ」と言いますが、これはなにも根拠のない慣用句というだけでなく、本当に睡眠と成長には大きな関わり合いがあります。

まず、身長が伸びるというのはどういうことなのでしょうか?

わたしたちは平均するとおよそ48センチから49センチほどで産まれてきます。そこから第一次成長期、第二次成長期を経て思春期までグングン伸びるわけです。

その間、骨も筋肉も腱も全体的に成長しているわけですが、やはり身体の大切な骨格になっているのが、この字にもある「骨」なのです。

通販でしか買えない「せのびーる」

せのびーる
「せのびーる」は1日の摂取量の目安が2つぶと飲みやすく、さらにココア味ということもあって、栄養補助のサプリメントというよりは、おやつのように自然に飲むことができます。

もちろん、いくら飲みやすくても、成長に必要な栄養成分が十分に配合されていなくては、サプリメントとしてはなんの意味もありません。その点、「せのびーる」はいったいどのようや栄養が、どれだけ入っているのでしょうか?

「せのびーる」の栄養成分

カルシウムはわたしたちおとなが、1日に約600mgから700mg摂るのが推奨量とされるのに比べ、1歳から5歳の男女で500mg、6歳から8歳の男女で600mg、9歳から11歳からの男女で700mg、12歳から14歳の男子で900mg、女子で700mgと、年齢によってはおとなよりも摂らなければいけないのがです。

「せのびーる」には成長期のお子さんの、特に成長期に大切な骨を構成するカルシウムをはじめ、ビタミンやミネラル、アミノ酸、鉄分をバランスよく配合されています。

特にカルシウムに関して言えば、カルシウムは腸で吸収されにくい栄養ですが、「せのびーる」には1粒あたり、1日に必要なカルシウム量の39パーセントが、またカルシウムの付着をサポートするビタミンDは約40パーセント配合されているため、1日に2粒飲めば、カルシウムとビタミンD不足は、これだけでも避けられそうです。

また「せのびーる」にふくまれる米ぬか多糖体は免疫力を高めて、お子さんの身体を守ってくれるほか、成長ホルモンのはたらきをサポートしてくれます。

気になるのが安全性

お子さんの口に入るものですから、気になるのが安全性だと思います。「せのびーる」は410種類もの農薬残留テストをはじめ、ヒ素や重金属などの有害物質テスト、放射能テストに合格した原材料を、国内の安全認証を受けた工場で製造。

成長をサポートする以前に、食の安全といった面でもしっかりと安心をサポートしているのが「せのびーる」です。

「せのびーる」の口コミ

通販でしか買えないのと、まだまだ販売して間もない(2015年夏頃発売)ということもあり、どこを探しても口コミやレビューが見つかりませんでした。

「せのびーる」を試されている方もいらっしゃると思いますが、販売して間もない商品のレビューや口コミを書き込むには、まだ期間が短いのかもしれません。

サプリメントという性質上、即効性がないので少なくとも半年~1年は商品を試してみなければ、効果があるかどうかは判断できませんよね。

まずは1週間分500円からのモニターも募集しているようですので、味や大きさなど、続けて飲むことができそうか、お試しからはじめて、実感できるようでしたら、継続的にはじめてはどうでしょうか?

しっかりした身体をつくり、すくすく身長を伸ばすためにも、まずは土台となる骨から丈夫にしたいところですよね。それには、数あるサプリメントのなかから、わたしでしたら、カルシウムとビタミンDの配合量を考えて、「せのびーる」をオススメしたいと思います。

公式サイト詳細はせのびーる公式サイトでご確認ください

身長が伸びるポイントは骨端線の細胞分裂

大腿骨、脛骨、腓骨といった長骨(長管骨)には骨端線という軟骨組織があります。この骨端線が身長が伸びるポイントになります。

この骨端線は骨より柔らかい軟骨組織です。この軟骨組織が細胞分裂を繰り返すことにより硬くなります、軟骨組織が硬くなると骨がそれだけ伸びるわけです。骨が伸びることにより、手足が長くなり身長が伸びるわけです。

細胞分裂を促すのが成長ホルモン

人間には生命や健康を維持するために、100種類のホルモンと呼ばれる内分泌液があります。成長に欠かせない成長ホルモンもそのひとつで、成長期にだけ分泌されるわけではありませんが、名前の通り成長期に最も多く分泌されます。

代謝を促す働きのある成長ホルモンは、筋肉の発達を促進し、身長を伸ばすのにも大きな働きがあります。

身長が伸びるには、骨を伸ばさなければなりませんが、さきほど話した骨端線の細胞分裂を促すのが、この成長ホルモンのはたらきなのです。

関連記事寝る前にリラックス?成長ホルモンの役割と分泌のポイント!

成長ホルモンの分泌を促すには

成長ホルモンは脳の下にある、下垂体と呼ばれるところから分泌されますが、いったいどのようなときに分泌されるのでしょうか?

関連記事成長ホルモンの分泌を効果的に増やす方法とNG行為

筋肉に負荷がかかった時

運動後に成長ホルモンは分泌されると言われていますが、その運動も筋肉に80パーセントほどの負荷をかけなければ、成長ホルモンの分泌には影響がないとされています。

空腹を感じてから食事をする

空腹感がピークに達したときに、胃の粘膜にあらわれた物質が下垂体に行き、成長ホルモンの分泌を促し、食事をすると成長ホルモンの分泌も止まります。

成長ホルモンの分泌のためには空腹の状況をつくりだすのがいいでしょう。反対に言えば、つねに間食などで空腹の状況がないひとは、それだけ成長ホルモンが分泌されないということです。

質のいい睡眠

そして成長ホルモンの分泌に欠かせないことの3つ目が、質のいい睡眠です。「寝る子は育つ」はそのためです。

人間は就寝後2時間ほどで深い眠りであるノンレム睡眠に入ります。その後、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返し朝を迎えますが、この深い眠りである、ノンレム睡眠のときに成長ホルモンはもっとも分泌されると言われています。

そのためには、浅い眠りにならないよう、睡眠前はリラックスを心がけ、なるべく脳を休ませるためにも、パソコンや携帯電話、スマートフォンを見ないようにしましょう。

また、胃腸が休まらないと、なかなか質のいい睡眠を得ることはできませんので、食事は就寝の3時間前までが理想的です。

関連記事成長ホルモンのために大切な時間は睡眠時にあり?

サプリメントでサポートも

わたしたちも、たとえばお付き合いてお酒が多いようだったらウコンのサプリメントを、そのほか肌や美容にいいビタミンB群のサプリメントや、ダイエット系のサプリメントを飲むように、成長期の子どもの栄養をサポートするサプリメントはどうでしょう?

成長に必要な栄養成分はバランスが大切

成長期の子どもが身体をつくるには、タンパク質やカルシウムなど主成分になる栄養はもちろんのこと、それらの吸収を助けるビタミンやミネラルのバランスも大切になってきます。

即効性があるものではないので、継続できるかもポイント

また、サプリメントは飲めばすぐに身体がおおきくなったり、身長が1日で伸びたりするものでは、もちろんないですよね?

続けて飲むことを考えると、お子さんは味に敏感なため、サプリメント自体の飲みやすさを。そして、継続的に購入できる価格といったところも大切になります。

関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

まとめ

  • 「せのびーる」は1日の摂取量の目安が2粒と飲みやすく、さらにココア味ということもあって、栄養補助のサプリメントというよりは、おやつのように自然に飲むことができる。
  • 成長をサポートする以前に、食の安全といった面でもしっかりと安心をサポートしている。
  • お得に購入するなら「せのびーる」公式から。

 

SNSでもご購読できます。