この記事は約 3 53 秒で読めます。

大人になると体内でつくることのできるアルギニンですが、子供のうちはつくることができないため、食事から補うことしかできません。

食材の中にはアルギニンが多く含まれているものから、あまり含まれていないものまで、様々あります。

ここでは、アルギニンを摂るのにオススメの食材をまとめてみました。

これがアルギニンが豊富な食材!

アミノ酸の一種であるアルギニンは、タンパク質が多く含まれている食品に、割合多く含まれていることがあります。

成長期の子供に、タンパク質が多く必要というのは、筋肉をつくるタンパク質自体が必要ということもありますが、成長ホルモンの分泌に働きのある、アルギニンが含まれているからということもあります。

肉(100gあたり)

  • 豚ゼラチン 7900mg
  • 鶏胸肉 1500mg
  • 豚ロース 1300mg
  • 牛ひき肉 1300mg

豚ゼラチンというのは特に皮の部分に多く含まれているため、豚の角煮など調理方法を工夫して十分に摂取できるようにしましょう。

魚(100gあたり)

  • くるまえび 2000mg
  • しばえび 1700mg
  • しゃこ 1400mg
  • クロマグロ 1400mg

大豆製品(100gあたり)

  • 干し湯葉 4400mg
  • 乾燥高野豆腐 4100mg
  • 大豆(乾燥)2700mg
  • 油揚げ 1600mg

干し湯葉や高野豆腐には、豊富にアルギニンが含まれていますが、水で戻すことにより、水に溶け出しやすいという欠点があります。

ナッツ系(100gあたり)

  • 落花生 3200mg
  • ごま 2700mg
  • くるみ 2200mg
  • アーモンド 2100mg

組み合わせやおやつでも

魚介類にはアルギニンは比較的に多く含まれていますので、魚介類や肉を軸にして、他の栄養素が多く含まれているような食品、たとえば緑黄色野菜などと組み合わせて料理するといいでしょう。

また、ナッツ系にもアルギニンは多く含まれていますので、お子さんのおやつに、スナック菓子の代わりにナッツを出すなど工夫したいところです。

ナッツやミックスナッツの場合、できれば塩分不使用のものがおすすめです。1日20gから25gを目安に、食べ過ぎには注意しましょう。

アルギニンの推奨摂取量は?

アルギニンの気になる1日の推奨摂取量は、サイトや商品の紹介を見る限り、さまざまに差があります。

医療現場で使われる場合、口から取り入れる、経口摂取の場合は「体重1kgあたり0.12g~0.38g」が目安とされています。体重10kgの計算だと有効量は「1.2g~3.8g」というほうが計算しやすいかもしれません。

関連記事アルギニンはどれだけ摂取すれば効果がある?

成長ホルモンの分泌にアルギニン

成長期のお子さんにとってアルギニンの1番の働きは、成長ホルモンの分泌を促すことです。

成長ホルモンって?

お子さんの成長のために、成長期にタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などさまざまな栄養素に気をつかいながら、食事の献立などにアタマを悩ませることだと思います。

せっかくバランスよく栄養を取り入れても、成長ホルモンの分泌がなければ、身長を高くしたり体を大きくしたり、効果的に成長に影響することにはなかなか繋がりません。

脳から成長ホルモンが分泌されることによって、骨と骨の間の軟骨の細胞分裂が促され、その細胞分裂を繰り返すことによって、軟骨が硬くなり、骨が長くなります(カルシウムはここで必要です)。骨が長くなる、伸びるということは、身長が伸びるということです。

その成長ホルモンの分泌を促してくれることから、アルギニンは成長期の子供に欠かせないのです。

関連記事アルギニンにはシトルリンが必須?

成長ホルモン分泌は「睡眠」と「運動」も

アルギニンの働きにより分泌が促される成長ホルモンですが、アルギニンのほかにも「睡眠」と「運動」によっても分泌されます。

深い睡眠で

成長期、長く寝れば寝るほど成長ホルモンが分泌されるかというと、そうとばかり言えません。成長ホルモンは寝ている時、それも眠りに入って1時間以内から3時間から4時間の、深い眠りについている時に、多く分泌されるといわれています。

運動をしながら健康的に

ほかにも運動している最中や、運動をしたあと、成長ホルモンは分泌されますので、身体を動かして健康的に成長ホルモンの分泌を促すこともおすすめです。

ほかにもまだあるアルギニンの働き

成長期のお子さんには成長ホルモンの分泌を促すという、大きな働きのあるアルギニンですが、ほかにも成長期のお子さんに必要な働きがまだまだあります。

疲労回復

わたしたちの身体は、タンパク質を分解する過程でアンモニアを生成します。おしっこの匂いとして知られるアンモニアですが、アンモニアは実は疲労感の原因ともなります。

尿素回路でアルギニンが働くことにより、アンモニアの無害化の手助けとなります。

血管拡張

アルギニンを摂ることにより、体内で一酸化窒素がつくられます。一酸化窒素には血管を拡張させ、血液の巡りを良くする働きがあります。

冷えは身体によくないというのはよく知られていますが、血の巡りが悪くなると、どうしても身体が冷えるようです。身体の隅々まで栄養を行きわたらせたり、免疫力をあげるためにも、血液の拡張は必要です。

筋肉の減少を防ぐ

運動をするには筋肉が必要ですが、時として運動をし過ぎると、身体は筋肉までエネルギーに変えて使ってしまうことがあります。

体内にアルギニンがある場合、アルギニンがエネルギーになってくれることにより、筋肉の減少を防いでくれます。

免疫力をあげる

アルギニンには様々なウイルスや細菌の攻撃から身体を守る、免疫力を上げる効果もあります。ビタミンCなどと一緒に摂ることにより、免疫力を高め、お子さんの身体を守る手助けとしたいところです。

食事でバランスよく取るのは難しいもの

成長期のお子さんに必要な、タンパク質やカルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミン群そしてアルギニンなどを、食事からバランスよく摂るというのは、なかなか難しいもの。ついついカロリーの摂り過ぎとなってしまいます。

肥満は成長の妨げにも

大人にとって肥満は生活習慣病の原因となり気をつけなければならないものですが、成長期のお子さんにとっても、肥満は成長の妨げとなる大敵です。というのも、太りすぎになると、もう成長ホルモンの分泌の必要がないと身体が勘違いしてしまい、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

身長が伸びるのは成長期・思春期が終わるまでとされていますので、10歳前後からの数年は、健康的な生活習慣を心がけ、充分に成長できるようにしてあげることが必要です。

関連記事栄養は大切ですが摂り方に注意

アルギニンを摂るサプリメントも

低カロリーで良質なアルギニンを取るには、サプリメントも沢山市販されています。サプリメントは大人が栄養補給で取るもので、子供には心配…というひともいるかもしれませんが、アルギニンのサプリメントはアミノ酸が配合されている「食品」です。

また、近頃ではお子さんの栄養補助のために、成長期の子供をサポートするためのサプリメントも沢山あります。それでしたら、お子さんの年齢に合わせた用量ですので、安心して飲ませてあげることができます。

摂り過ぎたアミノ酸は尿として身体の外に排出されますので、長期に必要以上のアルギニンサプリメントを摂取するわけでなければ、1度試してみてもいいかもしれません。

関連記事アルギニンサプリは体質によっては厳重な注意が必要
関連記事飲みやすく栄養バランスにも優れた「のびのびスムージー」

やはり食事から、そして運動と睡眠を

やはりまずは日頃のバランスの良い食事から、アルギニンを摂ることをオススメします。

朝昼晩、3度の食事の主食+主菜+副菜+汁物が健康的な身体をつくり、運動でエネルギーを消費し、さらに身体をつくり、睡眠で成長ホルモンの分泌を促す。そんな理想的な生活から、成長期のお子さんをサポートすることをオススメします。

 

成長期のための栄養がバランスよく配合されたスムージー ★

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪