この記事は約 4 12 秒で読めます。

身長に影響を与える食べ物などはいくつか聞いた事があるかと思います。ここではその中でも身長が伸びなくなると言われているコーヒーについて詳しく解説していきます。

本当に身長に影響があるかどうかここでしっかりと把握しておきましょう。

「子供にコーヒーを飲ませるな」の真意

「子供にコーヒーを飲ませると身長が伸びなくなる」と言う話をどこかで聞いた事はありませんか。中には身長に関係なく「子供にコーヒーは飲ませてはダメ」と聞いた人もいるかもしれません。

ではなぜ子供にコーヒーを飲ませてはダメなのでしょうか?

コーヒーを飲ませる際に問題となるのは、コーヒーに含まれているカフェインです。

コーヒー 子供 身長
このカフェインが眠気覚ましの効果を持っているので朝起きた時に飲む人も多いでしょうし、自律神経の働きを高めて集中力が増すなんて話を聞いて仕事前や勉強前に飲んでいる人もいると思います。

これらはカフェインの効果として有名ですし、実際にその影響が出ると言われています。

しかしカフェインはそういった身体への影響が強い分、摂取し過ぎると副作用として頭痛や免疫力の低下、不眠や睡眠障害などの症状が発症する事もあります。

基本的に子供にコーヒーを飲ませるのを禁止したいのは、こういった副作用を懸念しているからです。この副作用が出る摂取量は当然ですが、大人よりも子供のほうが少ないです。まだ体が成熟し切っていないので、小さい子供であればあるほど、たった1杯のコーヒーでも副作用を起こす可能性が出るのです。

1杯のコーヒーを飲んでも大丈夫と言われるのは体重が50kgを超える中学2~3年生辺りだとも言われています。

なので子供にコーヒーを飲ませない方が良いというのは身長や成長に問題があると言うよりも、健康的に問題があるからという理由のほうが強いです。

カフェインによる副作用は大人でももちろん発症する可能性がありますし、子供の場合はさらにその発症の可能性が高くなるからです。

少なくとも小学生以下の子供にコーヒーを飲ませない方が良いというのは研究結果からもはっきりしています

これはコーヒー以外にもカフェインを含む飲み物がいくつかあるため、コーヒーを飲む前からカフェインを摂取している可能性も含めています。なので1杯くらいなら大丈夫と慢心しないように注意しましょう。

カフェインは子供にとっては非常に影響を与えやすい成分と覚えておきましょう。

コーヒーを飲むことで身長に影響が及ぶ?

コーヒー 子供 身長
さて先ほどまではコーヒーが子供に悪影響を及ぼしやすいと説明してきましたが、では身長に対してはどんな影響があるのでしょうか。率直に言うと、コーヒーやカフェインが身長に直接影響を与える事はほとんどありません。

コーヒーをよく飲んでいても高身長の方はいますし、逆に飲んでいなくても低身長の人はいくらでもいます。コーヒー1つで身長が大きく変わるという事はまずありません。

カフェイン=睡眠不足

では何故コーヒーを飲むと身長が伸びなくなるという話が出るようになったかと言うと、身長の伸びに睡眠が関わってくるからです。

カフェインには自律神経の働きを高めて集中力を高めたり、眠気覚ましの効果があるとお話ししましたよね。実はこの効果が結構長続きします。

摂取してから大体30分から1時間後ほどをピークにして、そこから6時間以上はカフェインの効果が持続すると言われています。

つまり寝る前に摂取してしまうと、身体の内側は眠るための状態になっていないため質の良い睡眠を取れなくなってしまうのです。

質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を促すのに必須ですので、これが原因で身長が伸びなくなると言われるようになったと考えられます。

関連記事【身長と睡眠の関係7つのポイント】周囲の大人のサポートが大事!

飲む量に気をつけて

カフェイン自体には身長に影響を及ぼす要素はなくとも間接的な要素は存在しているのです。なのでコーヒーを飲む時間帯に気を付けるようにしましょう。

またカフェインは過剰に摂取すると副作用が出ると話しましたが、他にも中毒作用が発症する事もあり得ます。習慣的にカフェインを摂取していて、半日以上摂取しなくなると頭痛の症状が表れる事があります。

毎日10杯以上のコーヒーを飲んでいるなどの生活をしていない限りは大丈夫ですが、子供の場合にはさらに量が少なくても中毒作用が出る可能性がありますので、習慣的に飲ませるのだけは控えるようにしましょう。

コーヒーの許容摂取量は大人の場合1日400mgが健康的と言われていて、これはマグカップでコーヒーを3~4杯飲んだ時の量に当たります。

子供の場合、特に小学生以下の場合はこれよりもさらに少なくなり、ペットボトルのコーラ500mlを1~2本飲んだ量で充分だとされています。

コーヒー1杯のカフェイン量はコーラの4~5倍はあるとされていますので、コーヒー1杯だけでも子供には影響が出やすいと言うのはよく分かるかと思います。

カフェインの多い飲み物

コーヒーの中に含まれるカフェインが子供の健康や体に影響を与えると話してきました。しかしカフェイン自体はもちろんコーヒー以外にも含まれています。

コーヒーよりもカフェインが多いとされているのが玉露です。

こちらはそうそう飲む機会もないと思いますので大丈夫だとは思いますが、インスタントコーヒーの2倍から3倍ほどのカフェイン量を含んでいるとも言われています。

コーヒーよりは少ないですが、紅茶やウーロン茶の中にもカフェインは含まれています。

また子供の好きな飲み物としてよく名前の挙がるコーラにもカフェインは多少含まれています。

このように現代ではコーヒー以外にもカフェインが含まれている飲み物は多いので、カフェインの摂取量には細心の注意を払っておきましょう。

コーヒーを飲みたがる子供にはどうすればいい?

子供というのはとかく大人の真似事をしたがりますから、コーヒーを飲んでいると自分も飲みたいと言い出す事も多いと思います。

基本的に健康面で問題が起こりやすいので飲ませない選択肢を取れる時はそっちの方が良いですが、それで子供との関係が悪くなるのも嫌ですよね。

最近はノンカフェインコーヒーも増えてきていますのでそれを飲ませるのが1番手っ取り早いかと思います。

どうしても同じコーヒーが飲みたいと駄々をこねる時は、午前中から夕方までの時間帯に限定しましょう。夕食後のコーヒーは良い睡眠を妨害する事に繋がります。

1度だけ夜にコーヒーを飲ませて眠れなくなるというのを体感させて分からせるというのも最終手段として使うのも有りです。

また食事の前後の摂取は避けるようにしましょう。カフェインには鉄分の吸収を阻害する作用もあるので、子供の健康的な体作りに悪影響を与えます。

コーヒー自体には基本的に害はありません。しかしカフェインを短時間で過剰に摂取すると副作用として様々な悪影響が出てきます。

この許容できる摂取量は大人よりも子供の方がずっと少ないので、コーヒーなどのカフェインが多い飲み物は子供に飲ませる際に細心の注意を払う必要があります。

なのでどうしてもコーヒーを飲みたがる子供にはやはりカフェインの含まれていないコーヒーを飲ませるのが1番です。これなら時間帯も食事の前後などの制約も全くなく、子供の飲みたいタイミングで飲ませる事ができます。

コーヒーは大人でも時に悪影響を及ぼす飲み物です。その効果と許容摂取量を正しく理解した上で、子供もコーヒーが好きになれるように上手な付き合い方をしていきましょう。

関連記事成長ホルモンを増やす効果的な方法とNG行為を4つの項目から検証!

コーヒーを飲んだ分はサプリで補う

コーヒーだけで低身長になるわけではありませんが、身長を伸ばすためのサポートをしてくれるサプリメントがあります。

関連記事身長を伸ばすおすすめサプリランキング
関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

サプリメントの中でも人気があるのが「のびのびスムージー」。コーヒーではないですが、それに近いココア味。コーヒーが好きな子供に代わりに飲むように勧めてみてはいかがでしょう。

関連記事飲みやすく栄養バランスにも優れたサプリ「のびのびスムージー」

子供にコーヒーを飲ませてはダメと言われるのはカフェインの効果で質の良い睡眠を取れなくなってしまうことにあります。栄養や睡眠をしっかりとることができれば、問題ありません。

ただし、大人も子供もコーヒーを大量に飲むと中毒のようになり、飲まない時に頭痛を引き起こすことがあるので注意が必要です。

質の良い睡眠は身長を伸ばすのに大切なことですから、飲ませすぎには注意しましょう。

 

★ 医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品 ★

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪