この記事は約 4 45 秒で読めます。

大人から子どもまで男女問わず、自分の容姿や体型に「コンプレックス」とまでは言いませんが、なにかしら不満があったり、自信が持てなかったりします。他人から見たら気にするほどでもないにしろ、太っている、痩せている、身長が低いなどなど、その悩みや不満はさまざまです。

生まれたときの体重や身長も人それぞれ異なるうえに、生まれたときは小柄だった子でも、成長の過程ですくすくと他の子を追い抜いていく、ということもあります。しかし、他の子に比べて身長が全然伸びない、という場合には、それは体質の問題だけではないかもしれません。

身長がなかなか伸びない、低身長症というものがあるのをご存知ですか?
そもそも低身長の基準ってあるのでしょうか。効果的な治療方法があるのでしょうか?

これって低身長なの?身長の基準

客観的に判断するための体重や体型の目安にはBMIというものがあります。ボディマスとも言われますが、算出方法は以下の通りです。

  • 体重kg ÷ (身長m)2
  • 適正体重= (身長m)2 ×22

日本では18.5以上25未満が標準とされていますが、身長にもそういった基準があるのでしょうか?

基準や目安があれば、必要以上に気にすることもありませんし、正しく対処法を考えることができるかもしれません。お子さんが低身長であるかどうかは「平均値より低いか」という基準と「1年の伸びが悪いか」という、ふたつの基準があります。

身長が平均値よりもどれぐらい離れているかを計るには「StandardDeviation」略して「SD」という数値を参考にします。「SD」とは標準偏差のことです。男女別、年齢別で算出されます。

親御さんが母子手帳につける成長曲線の表に記されているか、母子手帳がすぐ出ない、平均身長やSD値が書いてない場合は、サイト上で探してみるとすぐに見つかります。

プラス2SDからマイナス2SDが標準身長とされていますので、それ以下の身長ですと、低身長ということになります。また、プラス2SDからマイナス2SDの範囲内だとしても、1年の伸び率がマイナス1.5DS以下という状態が2年以上続いた場合も注意が必要です。

少し複雑な話となりましたが、早い話が伸び率が2年以上横ばいになっている場合は、低身長の可能性があります。

関連記事両親の遺伝で身長が決まる?標準身長とSD値~子供の身長を予測計算する方法

低身長の原因ってあるの?治療法も知りたい!

身長が伸びるには成長ホルモンの分泌が大きくなりますので、心配な方は小児科や小児内分泌科で受診、相談されるといいでしょう。低身長の場合は成長ホルモンの内分泌不全が疑われますが、その場合は成長ホルモンを投与することによって改善が期待されます。

関連記事成長ホルモン分泌不全症の症状とは?低身長の診断基準と治療法
関連記事子供の低身長症の治療は早い時期に!原因と治療法とは?
関連記事低身長症の基準と治療方法

身長が低い、低身長だからといっても、それほど心配することもなく、まわりが心配し過ぎると、かえってお子さんも不安になってしまいます。

低身長の場合でも、成長ホルモンの内分泌不全などは1割にも満たず、体質や環境、遺伝がほとんどです。心配な場合は専門医に相談のうえ、なにより「睡眠」「食事」「運動」をバランスよく心がけましょう。

関連記事低身長症は遺伝なの?遺伝や病気以外の原因は身近にある?!

身長を伸ばすには「睡眠」「運動」「食事」

今まで小柄だったお子さんも、成長期から思春期にかけて急に身長が伸びることもよくあります。思春期をむかえて男性ホルモンや女性ホルモンが分泌されてくると、骨が硬くなり身長が伸びにくくなると考えられています。

低身長 基準 治療法
引用元:雪印メグミルク

質のよい「睡眠」が大切

身長が伸びるには成長ホルモンの分泌がなにより必要と言いましたが、成長ホルモンは熟睡中に大量に分泌されます。眠りについてから2時間から3時間の眠りが一番深いところが、成長ホルモンの分泌が多いとされています。

夜更かしはさせず、就寝前はリラックスして質の良い眠りにつかせる事を心がけましょう。

関連記事【身長と睡眠の関係7つのポイント】周囲の大人のサポートが大事!

成長ホルモンには「運動」も影響する

成長ホルモンは寝ている時だけでなく、運動をしている時や運動の後も分泌されます。骨と骨の間にある軟骨が成長すると、身長は伸びるとも考えられていますので、身体を硬くしすぎないようにしましょう。

また、縦の動きの多いバスケットボールやバレーボール、縄跳びなどの運動が、身長を伸ばすには最適でしょう。ただし、負荷をかけすぎて運動をし、筋肉をつけると身長を伸ばすには逆効果だとされています。

関連記事身長を伸ばす運動は縦の動きがカギ?逆効果になる運動にも要注意!

食事で大切な栄養素

成長期の身体をつくるには、なにより3食のしっかりとした食事が大切になってきます。食事から取ることのできる栄養素には、筋肉や骨を作るうえで大切なものが沢山あります。

タンパク質

骨や筋肉を作るうえで必要になるタンパク質は、成長ホルモンの分泌を促す効果があるとされています。実はタンパク質は大人より、お子さんの方が多く必要とされている栄養素です。

肉や魚、卵、乳製品、大豆から摂ることができます。

関連記事子供のたんぱく質摂取量知ってる?たんぱく質不足が招く弊害とは?

カルシウム

身長を伸ばすために骨を丈夫にするにはカルシウムが欠かせません。「身長を伸ばすには牛乳」とむかしから言われているように、牛乳、乳製品や大豆から摂ることができます。

関連記事カルシウム20倍アップ!?牛乳に勝る干し野菜の魅力とは?

マグネシウム

ほうれん草や魚に多く含まれるマグネシウムは、骨や歯を作るうえで必要とされ、カルシウムとも密接な関係があります。カルシウムやマグネシウムは、良質な睡眠をとり、身長を伸ばす上で大切な役割があります。

関連記事身長を伸ばすためにマグネシウムはなぜ大事?

亜鉛

亜鉛は成長ホルモンの働きを活発にさせます。豚のもも肉、大豆、納豆、アーモンド、牡蠣、緑茶などに多く含まれます。

まずは主食で炭水化物をとり、主菜には肉や魚、副菜に大豆を使った納豆や豆腐、卵、間食には乳製品などアーモンド、バランスのいい食事が身長のみならず、身体の成長の為に大事な栄養となります。

関連記事子供の身長を伸ばすパワーは亜鉛にあった!夏場は特に必須!

低身長をなんとかしたい!サプリメントやプロテインでなんとかならない?

食事で成長期に必要な栄養素を取るのは大切なことですが、家庭環境などによっては、なかなか三度バランスのいい食事を仕度するのは大変なことです。本当は大切な朝ご飯も、時間に追われてなかなかとれないなどということもあります。

わたしたちがサプリメントやプロテインを飲むように、子供向けにもそういった栄養補助を考えた食品のラインナップがあります。

食が細い子供にオススメ!

食べることが好きなひとには考えも及ばないかもしれませんが、食が細いひとにとっては、量をたべるというのもつらいものです。また、タンパク質、カルシウムなどを食事で摂るには、同時に脂質や糖質を摂ることになります。一日に必要な栄養素を食事から摂るとなると、量も多くなり、栄養を取り過ぎることによって肥満にも繋がりかねません。

亜鉛やマグネシウムをサプリメントで、タンパク質をプロテインで摂る場合、低カロリーでありながら、必要な栄養素を摂ることができますし、栄養補助食品なので、安心して摂ることができます。

サプリメントにも、身長を伸ばすのに必要な栄養素を含んだお子さん向けのものや、タンパク質を取るのに最適なプロテインにも、ジュニアプロテインなどがあります。

関連記事ジュニアプロテインで身長は伸びる?子供の成長をサポートする選び方

プロテインは大豆や牛乳が原材料ですから、これも安心して取ることもできます。また最近では成長期の子どもに必要な栄養素をふんだんに配合したスムージーにして飲める栄養補助食品もでていますので忙しい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事飲みやすく栄養バランスにも優れた「のびのびスムージー」

★ 医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品 ★

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

間違えないで!プロテインやサプリメントは即効性があるものではありません

プロテインやサプリメントを飲めば、すぐに身長が伸びたり、身体が大きくなるといったものではもちろんありません。それは、お肉や牛乳といったものを食べたとしても同じことです。摂った栄養素を睡眠や運動で上手に活かさなければなんにもなりません。

たとえば、ジュニアプロテインを取るにしても、普段時間がなく取ることのできない朝ごはん代わりにしたり、間食に取り入れることによって、あくまで「栄養補助」に上手に役立ててください。

なによりまず見直して必要になるのは、質とバランスのいい「食事」「睡眠」「運動」がしっかりとれているかということと、気にしすぎるあまり負担になるほどのストレスを抱えてしまっていないかということです。

そのためにお子さん本人だけでなく、ご家族の生活習慣なども一度皆さんで見直してみるといいでしょう。

まとめ

  • 身長が平均値よりもどれぐらい離れているかを計るには「StandardDeviation(SD)」という数値を参考にする。
  • 低身長の場合でも、成長ホルモンの内分泌不全などは1割にも満たず、体質や環境、遺伝がほとんど。
  • 身長を伸ばすには「睡眠」「運動」「食事」のバランスが大事。
  • サプリメントにも、身長を伸ばすのに必要な栄養素を含んだ子供向けのものや、タンパク質を取るのに最適なプロテインにも、ジュニアプロテインなどがある。
The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪