この記事は約 3 53 秒で読めます。

最近ではあまり耳にしなくなりましたが、昔はよく「コーラを飲むと骨が溶ける」という話がありましたよね。

ペットボトルの飲料も増え、炭酸のジュースも色々な種類が販売されるようになった今、子供たちの生活ではジュースを飲む機会が以前よりずっと増えました。

だからこそ、成長期の子供の骨に炭酸飲料がどのように影響しているのかは、しっかり理解しておきたいものです。

炭酸飲料で骨が溶けるといわれる理由

そもそも、どうして炭酸飲料で骨が溶けると言われるようになったのでしょうか?

これはおそらく、炭酸飲料が酸性の液体だからだと考えられます。炭酸飲料のシュワっとした口当たりの秘密は、酸味料が入っているからです。

酸性の液体、というとついつい「硫酸」などの液体を思い浮かべる人が多く、酸にはカルシウムを溶かす性質があるため、炭酸飲料と酸性の液体の情報が色々結びついた結果、炭酸飲料で骨が溶けるという噂につながったようです。

しかし、塩酸や硫酸はとても酸が強い液体であり、そもそも炭酸飲料とは全く異なります。実際に、炭酸飲料が肌に触れても、溶けたり火傷をしたりはしないことは誰でも知っています。

そもそも飲料として飲んだ炭酸のジュースが直接骨に触れるわけではありませんし、肌や歯も長時間漬けている状態になっているわけではありません。

つまり、炭酸飲料の酸の力で骨溶ける、ということは考えられません。

炭酸ジュースは体に全く影響がないの?

では、炭酸飲料をたくさん飲んでも体にまったく悪影響はないのでしょうか?
炭酸ジュースの酸の力で骨が溶ける、というのは間違いですが、だからといって炭酸ジュースに悪影響がない、とも言い切れません。

炭酸ジュースが体に及ぼす影響について、ご説明します。

ここからの話は、炭酸ジュースに限ったことではなく、ジュース全般にいえることです。問題は炭酸かどうかではなく、お茶や水のような飲料とジュースの違いにあります。

糖分の摂取過多

子供がジュースを飲みたがるのは、やっぱり甘くて美味しいからです。しかし、その甘さはもちろん糖分。そのため、お茶や水を飲む代わりに常にジュースを飲んでいたら、当然糖分のとりすぎになってしまいます。

コーラ 骨
引用元:バズメディア

上記の写真はそれぞれの飲料に含まれている砂糖の量だそうです。実際に目視すると唖然としてしまいますよね。

飲み物の種類によって大きく左右されますが、ペットボトルのジュース1本には平均で60g以上の砂糖が入っています。当然摂取カロリーも増えてしまいます。

食品添加物の摂取過多

ペットボトルの飲料には、糖分だけでなく食品添加物もたくさん含まれているものがたくさんあります。長持ちさせるための酸化防止剤や、色をつけるための合成着色料、味や香りをよくするためのグルタミン酸や、天然由来ではなく化学物質のビタミンが配合されているものもあります。

コーラ 骨
引用元:感謝の心を育むには

驚くことに、これは甘いジュースに限ったことではなく、お茶やコーヒーでも同様です。食品添加物は体にたくさんの影響を与えることでしられています。

糖分と食品添加物が体に与える影響

コーラ 骨

糖分が体に与える影響

糖分の取りすぎによって摂取カロリーが増えてしまえば、太りやすくなってしまう、ということは多くの人が簡単に想像できること。

しかし、糖分が体に及ぼす影響というのはそれだけではありません。一説によると、約6gの角砂糖一個を摂取するだけで、牛乳約7本分のカルシウムが消費されてしまうという説もあります。

これは、糖分を体内で代謝するための過程が原因です。糖分を代謝するときに、体内で乳酸が作られます。たくさん糖分を摂ると、多くの乳酸が発生し、体内自体が酸性になると言われています。人の体内はもともと弱アルカリ性なため、体内の酸度が強くなると、体内の栄養分を使って一生懸命弱アルカリ性に戻ろうとします。

体内の酸を中和する際にはカルシウムをはじめとしたミネラルを必要とするため、より多くのカルシウムが必要になります。

カルシウムが不足すると、体は骨に貯蔵しているカルシウムを体内に放出して補おうとするため、骨からカルシウムの成分が奪われてしまいます。

関連記事カルシウムの吸収率を妨げる栄養素

食品添加物が体に与える影響

ペットボトルのジュースにふくまれている食品添加物は実に色々な種類があり、それらが体に与える影響も様々です。たとえばビタミンCですが、ビタミンCの過剰摂取は尿路結石などの原因にもなり、豊富に摂れば良い、というわけではありません。

また、グルタミン酸ナトリウムは大量に摂取すると、一過性のめまいやしびれを引き起こす原因としても知られており、長期的にたくさん摂取していると味覚を狂わせてしまうこともあります。

他にも、リン酸の過剰摂取が続くと、リン酸は腸の中でカルシウムと結びつき、リン酸カルシウムに変化します。リン酸カルシウムは腸の粘膜から吸収することができないので、そのまま排泄物にかわり、体外にはこびだされてしまいます。

特に成長期の子供は注意!

これだけ健康に影響があるものは、もちろん大人でも子供でも過剰に摂取するのは良いことではありません。しかし、子供の飲み物には特に注意が必要です。

たとえば子供の頃に歯が生え変わったり、子供の頃しか身長が伸びなかったりするように、10代の頃のいわゆる成長期にできあがる体格や健康状態は、のちに大人になってからの健康にも大きく影響を与えます。

短期間の間にカルシウムをたくさん摂取してもすぐに骨が丈夫になることがないように、丈夫な体は日々の積み重ねによって出来上がります。たとえば丈夫な骨を作り、身長を伸ばすことを妨げないためには、十分な量のカルシウムの摂取が欠かせません。

厚生労働省の発表している基準値によると、人間が一番カルシウムを必要としているのは、12~14歳の3年間です。この時期成長期真っ盛りの男の子は、1日に約1,000mgのカルシウムを必要としています。これは、牛乳だけから摂取しようとすると、約1リットルにも及びます。

関連記事子供の時に決まる!なぜ、高校生までにカルシウムを摂らなければいけないの?

そして、カルシウムというのはとても吸収されにくい性質があり、飲んだ分すべてがきちんと栄養として吸収されるわけではありません。ただでさえ吸収されにくい栄養素であるにも関わらず、糖分や食品添加物がカルシウムの摂取をさらに妨げてしまうことは、先の説明の通りです。

きちんと子供の成長を促すためにも、ジュースを大量に飲むことは避けた方が良さそうです。中には、フルーツジュースや野菜ジュースなら、と思っている方も多いようですが、市販の果汁飲料には糖分を含んでいるものがたくさんあるので、ここにも注意が必要です。

関連記事カルシウム「吸収率アップ」のために知っておきたい3つの条件

また、この時期の子供には運動をする機会もたくさんあり、スポーツドリンクを積極的に飲ませている家庭も多いようです。たしかに、スポーツ飲料は汗と一緒に失われてしまうイオンを効率的に補給できるというメリットはありますが、糖分に注意をしながら摂取しなければならないことに変わりはありません。

コーラ,骨
子供の飲み物には、お茶かお水をオススメします。上記のように、ペットボトルのものではお茶にも添加物が含まれていることが少なくないので、できれば家庭で茶葉からお茶を入れてください。お茶に含まれるカテキンには口臭や虫歯の予防などを始めとした様々な健康効果があることが知られています。他にも、ビタミンなどが含まれていて、とても健康的です。

関連記事子供にコーヒーを飲ませると身長が伸びない?
 
 

★ 成長期のための栄養がバランスよく配合されたスムージー ★

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪