この記事は約 3 1 秒で読めます。

平均にして身長が50cmに満たない赤ちゃんが20歳までに1m以上伸びるわけですから、成長にはさまざまな栄養が必要となるということですよね。

効率よく栄養がとれる「スピルリナ」というものがスーパーフードとして注目をあつめていますが、「スピルリナ」の話をするまえに、栄養について少しお話しましょう。そのほうが「スピルリナ」の凄さが自然とわかるかと思います。

重要なのが五大栄養素

身長を伸ばすには骨に刺激を与える「運動」に加え、骨の細胞分裂を促進する成長ホルモンの分泌に関わりのある「睡眠」、そして主に食事から摂られる「栄養」が重要です。

なかでも重要なのが、食事から摂ることのできる五大栄養素、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル(無機質)です。

炭水化物

スピルリナ
ダイエットなどでなにかと悪役にされるのが、炭水化物と脂質ではないでしょうか?

ところが炭水化物にふくまれる糖質は身体を構成するのには欠かせないもので、大切なエネルギー源になります。

  • パン
  • 麺類
  • とうもろこし
  • コーンフレーク

脂質

髪や皮膚、骨などを保護する脂質は、吸収のよいエネルギーでもあり、ビタミンの消化吸収を助けるはたらきがあります。

炭水化物も脂質も取りすぎれば、中性脂肪として蓄えられますので、ほかの栄養とのバランスや日頃の運動が欠かせません。

  • 肉の脂身やラード
  • 鶏皮
  • 魚の肉
  • マグロのトロ
  • サンマ
  • イワシなど
  • オリーブ
  • アボカド
  • アーモンド
  • ピーナツゴマ
  • えごま
  • なたねなど植物の油
  • 乳製品

タンパク質

スピルリナ
筋肉をはじめとして、臓器、血液、髪、爪、皮膚など人間の身体のありとあらゆるものを構成するのがタンパク質で、健康を維持するための酵素やホルモンの原材料ともなります。

  • 大豆
  • 大豆製品
  • 乳製品

ビタミン

ビタミンにはたくさんの種類がありますが、身体のはたらきを助けてくれたり、ほかの栄養の消化吸収を助けるはたらきがあります。

  • 野菜
  • 果物

ミネラル

ミネラルが身体に含まれている量は、全体の約4パーセントであるものの、血液や細胞液、リンパ液などの量を調節したり、血液の酸性・アルカリ性のバランスを整えるほか、骨や歯、酵素を作るもとになり、ホルモンや神経を調節したりと人間の身体に欠かせないのがミネラルです。

  • 魚介類
  • 海藻類
  • 肉や内臓
  • 豆類
  • 乳製品

スピルリナ
このように人間の身体には、さまざまな栄養が必要とされていますが、特に身長がグンッと伸びる成長期には、最も栄養が必要とされ、カルシウムなどは成人よりも摂取しないといけない栄養素です。

ところが、これだけの栄養を摂りすぎになることも、不足することもないように摂るには、種類も量も食べなくてはならず、栄養を摂ろうとすると、どうしても同時に脂質や糖質も多く摂ることになり、肥満は成長の妨げになることもあります。

関連記事太っている子供は背が伸びない!ママさん子供への食事は気をつけて!

栄養のバランスがいい「スピルリナ」って

スピルリナ
そこで注目されているのが「スピルリナ」です。「スピルリナ」を聞き慣れないひとは、サプリメントの名前やなんかだと思うかもしれませんが、「スピルリナ」はアフリカや中南米の、塩分の高い湖に自生する藻類で、植物と同様に光合成をします。

「スピルリナ」の誕生は、なんと約35億年前。生物の誕生とほぼ同じくして生まれたとされるのが「スピルリナ」です。

驚くべき「スピルリナ」の栄養価

「スピルリナ」はなにも約35億年前からいる生物だから、スーパーフードと呼ばれているわけではありません、注目すべきはその成分です。

タンパク質

「スピルリナ」は65パーセントから70パーセントが、五大栄養素のひとつタンパク質で構成されています。

先にもふれましたが、身体のありとあらゆるものを構成するのがタンパク質で、肉や大豆に多く含まれていますが、その含有量は牛肉の約3倍、大豆の約2倍、卵にいたっては約5倍の量となっています。

アミノ酸

タンパク質を分解してつくられるアミノ酸は、成長期に欠かせない成長ホルモンの成分ともなります。

また、アミノ酸のなかには人間の体内では生成することのできない、必須アミノ酸がありますが、「スピルリナ」には18種類ものアミノ酸がふくまれており、そのうち9種類が、食べ物などから摂り入れなくてはならない、必須アミノ酸です。

  • ビタミンB群
  • ビタミン群

人間の老廃物の新陳代謝や、エネルギーの供給、ほかの栄養の消化吸収をサポートしてくれるのがビタミンB群やビタミン群です。

野菜や果物に多く含まれているイメージのビタミン群ですが、なかにはビタミンB12のように、レバーや牡蠣に多く含まれているものもあり、「スピルリナ」にはレバーや牡蠣以上のビタミンB12が含まれています。

ミネラル

「スピルリナ」にはカルシウムや鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、銅、マンガン、亜鉛など、さまざまなミネラルも豊富に含まれています。鉄分もレバーよりも多く含まれているとされているため、貧血解消や貧血予防にも役立ちます。

成長期には豊富な栄養をバランスよく

身長を伸ばすためにはタンパク質だけでなく、カルシウムや、それらの消化吸収を助ける、ビタミンミネラルが不可欠です。

そのためには、サプリメントの主成分などで近年目にすること多くなった「スピルリナ」は、成長期のお子さんをはじめ幅広い世代に、大変力強い「スーパーフード」と言えるでしょう。

関連記事身長を伸ばすサプリメントでスピルリナ配合の商品は?

まとめ

  • 身長を伸ばすために重要な位置にあるのが、食事から摂ることのできる5大栄養素。
  • 身長が伸びる成長期には、最も栄養が必要とされ、カルシウムなどは成人よりも摂取しないといけない。
  • 「スピルリナ」はアフリカや中南米の、塩分の高い湖に自生する藻類で、植物と同様に光合成をする。
  • 「スピルリナ」は65%~70%が、5大栄養素のひとつタンパク質で構成されている。

 

スピルリナ配合!医師監修の元で開発されたスムージー

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪