この記事は約 2 30 秒で読めます。

確かな原因が特定されにくい「痛み」というものは、本人にも周りのひとにとっても心配になるものですよね。

成長期特有の「成長痛」というものもそのひとつ。成長痛は寝ることもできず、涙が出るほどの痛みがあることもありますが、時間がたつとパッと治まることもあり、お子さんだけでなく親御さんもやきもきしてしまいます。

成長期特有の「成長痛」の対処法や治療法、痛みの特徴、また、成長痛に似た症状のあるものなどを紹介します。少しでもお子さんや親御さんの不安が軽くなればと思います。

成長痛とは?その特徴は?

3歳ぐらいから10歳ぐらいまでの成長期に、膝や踵(かかと)など足に見られる、原因不明の痛みを成長痛と呼びます。ですから、捻挫や骨折、炎症といった痛みの原因がはっきりするものは、当然「成長痛」とは呼びません。

「成長」という言葉からも、成長にともなう足の痛みと勘違いされることも多いようですが、成長と成長痛と関連ははっきりとしておらず、また、成長痛の定義もはっきりとしていません。

膝にこういう痛みがある場合、踵にこのような痛みがある時は、などといった診断ではなく、痛みがある部位に異常がみられない、成長期の原因不明の痛みが「成長痛」と診断されます。

関連記事成長痛になる年齢は?痛みの原因とケア

成長とともに痛みもおさまる

夕方や夜、痛みを訴えることが多いのではないでしょうか?
成長痛の特徴のひとつは、朝や昼など日中ではなく夕方以降発症するということです。

また、成長痛は身体がしっかりと出来てくると発症しないという特徴もありますので、中学生ぐらいになるとおさまるお子さんがほとんどです。

関連記事原因不明の「成長痛」ってどんな症状?中学生から痛みが始まるの?

成長痛の対処法や治療法とは

こう言ってしまえばがっかりされるかもしれませんが、成長痛の対処法や治療法といったものは、原因不明の痛みのためほとんどありません。

ただ、痛みを感じるというのは、経験からもわかると思いますが、大変に不安を感じるものですよね。ですから、まずは不安を和らげるようにすることも成長痛の対処法になります。

マッサージをする、してあげる

成長痛
マッサージ自体で成長痛が軽減するということは、残念ながらまずありませんが、親御さんなどとのスキンシップは心身ともにストレスが軽減します。

あたためる、あたたかいものを飲む

患部をあたためるのもストレスを和らげる効果があります。また、あたたかい飲みもの、ココアなど甘いものも心が安らいでいいと思います。

成長痛かどうかは専門医の見たてを

原因がわからないだけに、対処法や治療法もはっきりとしない成長痛ですが、あくまで治療法がないのは「成長痛」と診断された場合の話です。まずは、学校医や整形外科に相談をして、その痛みが成長痛なのか、それともなにか負荷がかかって炎症などを起こしていないか診断してもらってください。

思春期をむかえたころの痛みは成長痛ではない

また、思春期を過ぎてからの痛み、年齢にすると10歳を過ぎてからの痛みは成長痛である可能性が低いです。小さいころ、よく成長痛による痛みがあったというお子さんの場合も、10歳を過ぎたあたりからの痛みは、成長痛のほかに原因があると考えられますので、こういった場合も、以前成長痛と診断されたお子さんの場合でも、必ず専門医に再度診て貰うようにしましょう。

成長痛ではない場合も

成長痛
成長痛の痛みが発生する膝や踵といった部位には、関節や腱といった大切な箇所が沢山あります。

特に身体を動かすことが好きなお子さんや、スポーツをしているお子さんなどには、トレーニングによって、そのような大切な関節や腱に負担がかかっている場合もあり、そのために炎症を起こしている可能性もあります。

関連記事その痛み、本当に成長痛ですか!?成長痛と間違えやすい病気

膝の周辺の場合「オスグッド病」の場合も

また、膝の周辺、膝のお皿の下から脛の周辺、脛骨粗面などの痛みの場合「オスグッド病」といった骨の障害といった場合もあります。とくにその周辺が痛む場合は「オスグッド病」を疑って診断してもらってください。

関連記事その骨の痛み、成長痛ではないかも?オスグッド病とは

とにかくまずは診断と安静

成長痛
いずれの場合もまず本人や親御さんが決めつけることなく、専門医の診断を受けてください。怖がらせるわけではありませんが、「大丈夫、成長痛だから」といった楽観視も、身体をつくるうえで大切な時期である成長期のお子さんにとっては、いいことだとは言えません。

まずは整形外科などの専門医に診てもらい、「成長痛」と診断された場合には、心身を休めることが出来るようにしてあげましょう。

不安が痛みになることも

痛みを和らげるためにも、心身の不安を取りのぞいてあげて、ストレスをかけないようにしてあげるのも大切なことですが、お子さんの場合はその不安自体を表現することができずに、その不安やストレスが足の痛みになるといったこともあるようです。

成長痛の対処法としても予防法としても、なるべくお子さんの不安を和らげてあげるようにしてみてください。そういったことで言うと、成長痛はお医者さんよりも、親御さんやまわりのおとなが緩和できる痛みなのかもしれません。

 
 医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪