この記事は約 4 3 秒で読めます。

身長というのはどうしても自分の努力や理想によって変えることができません。一方で、猫背を直せば身長が伸びる、という話や、O脚を直して身長3cmアップ!などという噂は非常によく耳にします。

日常の努力で身長を伸ばせるヒントを見つけるためにも、猫背やO脚と身長の関係性を調べてみました。

そもそも、猫背ってなに?

女性なら多くのひとが経験があるように、ダイエットというのは簡単なことではありません。それでもやはり、きちんとした知識で根気良く挑めば、減量や体格作りはある程度成果を出すことが可能です。しかし、それよりも悩ましいのは、もともとの体格や体型的な悩みです。

そんな悩みの中でも、特に多いのが身長に関するもの。小さい頃から、男性はある程度身長が高い人に憧れることも多く、できれば背が高くなりたい、と思っている人がたくさんいるようです。

女性の身長も、昔に比べて平均身長が高くなり、すらりと背が高く、スタイルの良い女性が増えました。男女ともに、人より特別に背が高いことを望んでいない場合でも、やはり人並みの身長になりたい、という理想を持っているのではないでしょうか。


猫背というのは、その文字通り、猫のように背中が丸まっていることを指します。一般的には、一時的な話ではなく、常に背中が丸まり気味なことに対して使われます。

もう少し専門的に説明をすると、背中が後方に丸く曲がり、首が前に出てしまった状態のことで、これを脊柱後湾症とも言います。

本来人の体は、真っ直ぐ立とうとしても、首から腰にかけてピンとまっすぐな状態にはなりません。首は少し前に、背中は後ろにそして腰はやはり少し前にあり、横から見ると緩やかなS字のカーブを描いたようになっています。猫背は、それが崩れて、極端に背骨が丸まっている状態です。

猫背の原因

実は、日本人の約7割が猫背だともいわれています。では、どうして猫背になってしまうのでしょうか?猫背の原因としては、大きく2つの原因が挙げられます。

まずひとつめは筋力の低下です。胸を張ってまっすぐな姿勢を保つためには、常に筋肉を使用します。腹筋や背筋、腰の部分の腸腰筋など、使用する筋肉はたくさんあるので、これらの筋力が弱まると猫背になってしまいます。

もうひとつは、関節の可動域が狭くなることが引き起こす猫背です。背骨自体が前に曲がってしまうわけではなく、骨と骨の間にある椎間板が劣化したり機能が低下することによって、背骨の可動域が低下してしまうことで猫背になってしまうことがあります。

年齢が進むにつれて、人の体はあらゆる面で機能が低下してしまいますが、椎間板も加齢によって機能低下する部分のひとつです。老化によって腰が曲がっていくことにも、これで納得できますね。

猫背になりやすい生活習慣

こうした筋力の低下や関節の可動域の低下は、なにも加齢が原因として起こるものばかりではありません。日常の中で、気がつかないうちに猫背になりやすい生活を送っていることがあるかもしれません。予防と対策のためにも、日常生活において猫背になりやすい原因を理解しておきましょう。

大きな原因のひとつとなってしまうのは、運動不足です。運動不足は直接筋力を低下させるだけでなく、筋肉の柔軟性も低下させてしまいます。腹筋など体の前側の筋肉が柔軟性をうしなうことにより、筋肉が縮んでしまい、首や肩が前に下がりがちになってしまいます。

猫背を治すには、なにも背中の筋力ばかりをつければ良いわけではありません。後ろ側だけでなく、全面や背面の筋力も万遍なく使用することで、背筋をまっすぐ保つことができます。バランスよく筋肉をつけるためには、日常的に適度な運動を続けていくことが理想です。

また、現代人のライフスタイルそのものも、猫背にとってはとても良くない環境です。たとえばデスクワークで一日中パソコンをしなければならなかったり、通勤途中や帰宅後もスマホやパソコンを使用する人も少なくありません。

スマホやパソコンの小さい画面でものを見るためには、ついつい無意識に頭が前に出てしまいがちです。座っていても立っていても、必要以上に頭部が前にでるということは、頭部から繋がっている背骨を湾曲させるしかありません。

O脚,矯正,身長
それでも起きている間は、一生懸命運動をしたり、スマホなどを使用するときにも背中を丸めないように意識したりすることが可能ですが、寝ている間のことはさすがに何もできません。

しかし、たとえばクッション性が弱い寝具を使用していると、腰に負担がかかってしまいます。その他にも、枕の高さが合わないと、首の部分の骨が不自然に湾曲するため、姿勢の歪みを引き起こす原因になってしまうことが考えられます。

猫背を直せば身長が伸びる?

結論から言うと、猫背を直すことで背が伸びるわけではありません。

しかし、背骨が湾曲して前かがみになっていることで、本来よりもかがんで生活をしていることになります。そのため、猫背を矯正することで、2~3センチほど背筋が伸びることは考えられます。

そのためには、パソコンやスマホを使用するときも、首が前に出ないように背筋を伸ばすことを意識しましょう。背筋を伸ばすためには、先ほどのお伝えの通りいろいろな部分の筋肉を使うことになるので、自然と日頃使っていなかった背筋や腹筋を使用することになります。

徐々に姿勢をまっすぐに保つための筋力がつくので一石二鳥です。その他にも、適度な運動を取り入れて筋力アップのサポートをすることも大切です。椅子や寝具など、普段の生活で使っているものが姿勢に悪影響を与えていないか見直してみることもおすすめです。

O脚ってなに?

脚は本来、まっすぐ立った時にふくらはぎ、膝、そして内股の3点がくっつく状態が理想的です。しかし、すねの内側の筋肉が発達してしまうことや、骨盤が後ろに傾くことで膝が開いてしまい、この3点がくっつかずに、アルファベットのOの字のように隙間があいてしまっている状態がO脚です。

O脚 矯正 身長
引用元:www.o-kyaku-guide.net

O脚の原因

歩き方の癖で筋肉がバランス良くついていなかったり、骨盤が歪んでしまったりすることがO脚の原因です。

具体的には、たとえば外反母趾や偏平足だと歩くときに綺麗に地面に脚がついていないため、無意識に筋肉でバランスをとろうとしてしまいます。また、後ろに重心を置いて立ったり歩いたりする癖があると骨盤が後ろに傾きやすくなります。

しかし、ひとくちに筋肉や骨盤の歪みといっても、一度筋肉のつき方や骨盤に癖がついてしまうと、その状態で一番歩きやすい方法で生活をし続けるため、なかなか矯正することはできません。

O脚を治すためのストレッチや体操もたくさん考案されていますが、なかには一度O脚になってしまったら治すことはできないという専門家もいます。科学的な話をするのであれば、日本でO脚改善の効果は証明されていません。

O脚を直せば身長が伸びる?

猫背同様、O脚も、仮に改善したからといって身長そのものが伸びるわけではありません。しかし、外側に若干歪んでいた脚がまっすぐ伸びたり、骨盤の位置が正しくなることで、本来のまっすぐな脚の状態に矯正されることは考えられます。

しかし、そもそもO脚自体の改善が非常に難しいことから、O脚をなおすことよりもしっかりと予防することを考えたほうがよいのでしょう。

O脚 矯正 身長
引用元:www.o-kyaku-guide.net

O脚を予防するためには、脚になるべく負担をかけないことが大切です。たとえばヒールが6センチ以上の靴を履くと、上手にバランスがとれないため、脚にとても負担がかかります。足を組んで座ったりすることも足のバランスを崩すので控えましょう。

また、サイズの合わない靴を履いていると外反母趾の原因にもなるし、靴底の暑い靴や重量のある靴も同様に、脚に余計な負荷をかけてしまいます。サイズがきちんとあったスニーカーやローファーなら、比較的負担をかけずに歩けるので、靴選びの際にはしっかりフィットしたサイズのものを選ぶようにしてください。

関連記事成人しても身長を伸ばす方法!!「隠れ身長」にも注目!!

 

★ 中学生・高校生の成長に特化した成長サプリ「プラステンアップ」 ★

ご購入はこちらから!プラステンアップ公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪