この記事は約 4 44 秒で読めます。

女性なら誰もが1度は着たいと思うウェディングドレス。基本的に一生に一度しか着れないからこそ、美しい姿で着たいと考えている人も多いと思います。

今回はそんなウェディングドレスの選び方を、身長に合わせてご紹介します。

身長が低い小柄な人に似合うウエディングドレス

ウエディングドレスと一言で言ってもその種類の多さは意外と知られていない物です。デザインが違うだけでなく、女性の身長に合わせてより綺麗に見せるための工夫がウエディングドレスには存在しているのです。

なので女性の身長に合わせたウエディングドレスの選び方をご紹介します。

初めは平均より低い小柄な女性向けのウエディングドレスです。

プリンセスラインドレス

1つ目はプリンセスラインドレスです。日本人の体型をより美しく可愛く演出するために作られたドレスですので、身長が低い方でも問題なく着こなせます。

プリンセスラインドレス
プリンセスラインドレス
引用元:W by Watabe Wedding

 
ウエストより上を引き締めて、それより下はふんわりとボリュームを持たせる事で女性らしいボディラインを強調してくれます。プリンセスを言われるようにゴージャスな刺繍が特徴的になっていますので、多くの方がこのドレスを着ています。

ヘアスタイルが自由に選べるのもプリンセスラインドレスの良さです。ティアラやクラウンを足す事でよりお姫様らしさを出すのもお勧めですよ。

エンパイアラインドレス/アンピールラインドレス

2つ目はエンパイアラインドレス、もしくはアンピールラインドレスと呼ばれる物です。ウエストを締め付けない緩やかなウエディングドレスなので、特に赤ちゃんを身ごもっている花嫁たちに注目されているドレスです。

エンパイアラインドレス
エンパイアラインドレス
引用元:W by Watabe Wedding

 
ウエディングドレスと言えばやはりウエスト部分で締め付けるイメージがありますよね。あれは上半身を細く演出するための物ですから、ウエディングドレスに必須というわけではありません。

このドレスは古代ギリシャの服装がベースになっている事もあって少し神秘的で上品なイメージを付け足す事ができるのも特徴の1つです。

実際には低身長でも高身長でも関係なく着こなせますが、小柄の人でも綺麗に見えるドレスという事でこちらで紹介しました。

Aラインドレス

3つ目はAラインドレスです。一般的なウエディングドレスと言えばこの形のドレスで、ウエストより上はタイトにしてウエストより下は裾に向かって広がっていく、正にアルファベットのAのようなシルエットのドレスになっています。

Aラインドレス
Aラインドレス
引用元:W by Watabe Wedding

 
こちらもエンパイアラインドレスと同じく背の高さに関係なく着こなせるドレスですが、背の低い小柄の人でも安心して着れるという事でこちらで紹介しました。

また少しお肉が付いてぽっちゃりタイプの方でもノースリーブを着れるドレスになっているので、体型で制限される事がほとんどない万能のドレスになっています。

身長が高いモデルタイプの人に似合うウエディングドレス

ここからは背が高くモデルのようにスタイルの良い女性向けのウエディングドレスをご紹介します。

マーメイドラインドレス

まず1つ目はマーメイドラインドレスです。膝から下の裾の部分が広がって人魚のようなシルエットが特徴的なドレスです。裾の部分で広く見せる代わりに上半身は体にフィットしたタイトなシルエットになります。

マーメイドラインドレス
マーメイドラインドレス
引用元:Merry Marry

 
背が高いだけでなくスリムで痩せた体型の人が特に似合うドレスとなっていますが、その上でバストが無いとメリハリが出ず美しいラインができなくなります。なのでプロポーションにかなりの自信がある方向けとなっています。

その分着こなした時の綺麗さは一際輝く事でしょう。

スレンダーラインドレス

2つ目はスレンダーラインドレスです。その名の通り縦にスラッとしたシンプルなドレスになっていて、花嫁をシンプルさで上品に仕上げてくれます。

スレンダーラインドレス
スレンダーラインドレス
引用元:Forever Story(楽天市場)

 
ドレスだけだとシンプルにまとまってしまうので、アクセサリーを多めにアレンジする事ができるのがスレンダードレスの良さの1つです。

スレンダーラインと言うだけあって高身長の女性の方でないと中々綺麗には見えません。しかし高身長でスリムな女性であればドレスと一緒に一際輝けるドレスでもあります。他のドレスと違って裾もシンプルになっているので動きやすいのも特徴の1つです。

結婚式の形態に合わせ着るかどうか決めるようにしましょう。

ベルラインドレス

3つ目はベルラインドレスです。こちらのドレスは着る女性の身長によって見せ方を変える事ができるため、背の低い女性でも着れますが、背の高い人で裾が広がっているドレスを着たい人もいると思いますので、こちらで紹介します。

ベルラインドレス
ベルラインドレス
引用元:ゼクシィ

 
ウエストより下の部分がベルの形に近いふわっとしたシルエットになっているのが特徴です。背が低い場合にはハイウエストにして可愛らしい女性のシルエットを演出し、背が高い場合にはローウエストにして上品さを強調する事ができるようになっています。

背の高い女性の場合は細めのドレスが多いですが、このベルラインの様に従来のウエディングドレスに近い形でも綺麗に着こなせるのでお勧めです。

ウエディングドレスに合わせるヒールの選び方

ウエディングドレスには種類がたくさんあって選ぶのにも一苦労だと感じた方もいるかもしれません。しかしウエディングドレスを着る際には、その時に履くヒールにも気を使う必要があります。そんなヒールの選び方をここからご説明いたします。

ヒールの選び方は結構大事な要素で、とりあえず10cmくらいなら大丈夫という意見もありますが一般的な高さに合わせない方が良いです。というのも女性自身の身長にも違いがありますし、ドレスの裾の長さも人によって大きく異なります。

何より新郎の身長も当然違ってくるので、ヒールの高さは個々人でしっかりと考える必要があります。

ウエディング
まず今言ったように新郎との身長差を考えておきましょう。相手によっては花嫁より身長が低く見られたくないと考えている人もいるはずですので、そこはしっかりと聞いておきましょう。特に抵抗が無ければできる限り高めのヒールを履くようにしましょう。

ドレスの裾や形とも合わせる必要はありますが、ヒールをできる限り高くするのには理由があります。というのもヒールを1cm高くすると、1キロダイエットしたかのような変化が出てくるからです。

1cm高くなるとその分スカートの見える範囲が広くなり、そして上半身や顔が相対的に小さく見えるようになるのです。その小さく見える影響が1キロダイエットしたぐらいの違いになってくるので、より美しく見せたい女性にはヒールの高さは結構大事になるのです。

ただドレスの形次第でその効果も変わってきますので、高くても15cmが限界だという事は覚えておきましょう。それ以上高くしても全体的なバランスが悪かったり、歩きづらくなってしまうだけですから。

ヒールは新郎との身長差やドレスの相性を踏まえた上でできる限り高くするのがお勧めです。

関連記事今や常識?低身長女子のマストアイテム・シークレットヒール

失望感をなくすための賢いウエディングドレスの選び方

ウエディングドレスの選び方で失敗して結婚式があまり楽しめなかったなんて後悔は誰だってしたくないですよね。こういった失望感を感じないためにも賢いウエディングドレス選びをしたいものです。

もちろん経済的に余裕がある、加えて色んなドレスを着たい欲求があればいくつもレンタルして着てみると言うのも有りかもしれません。しかしそれが本当に自分のしたい結婚式か、自分の着たいドレスかで変わってくると思います。

大事なのは結婚式をどうしたいか、その上で自分のドレスをどう着こなしたいかという点になってきます。自分が満足のいくドレスを着たいのか、それとも新郎が喜ぶドレスを着て上げるのか、そういった目的をしっかりと考えるのが大事です。

一生に一度だけの大切な思い出を素敵な思い出にするためにも、ウエディングドレス選びは自分が後悔しない物を選択するようにしましょう。

まとめ

  • 平均より低い小柄な女性には、プリンセスラインドレス、エンパイアラインドレス、アンピールラインドレス、Aラインドレスがおすすめ。
  • 背が高くモデルのようにスタイルの良い女性には、マーメイドラインドレス、スレンダーラインドレス、ベルラインドレスがおすすめ。
  • ヒールは新郎との身長差やドレスの相性を踏まえた上でできる限り高くする。
  • ウエディングドレス選びは自分が後悔しない物を選択する。
The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪