この記事は約 3 2 秒で読めます。

子供の成長は早いもので、4歳児にもなるとほとんどの子供が保育園や幼稚園に通うようになります。育児の負担はぐっと減りますが、集団生活を始めることで、親もなにかと我が子の成長を他の子と比較してしまったりしがちです。

幼稚園や保育園に通っていれば、月一回の身体測定があるので、子供の成長も早くしやすくなります。

成長には子供によってそれぞれの体質や個人差があるので、著しく目立った違いがない限りは、あまり敏感になる必要はありません。しかし、家で常に一緒にいられなくなる分、確かに子供の成長具合はしっかりと把握しておきたいところです。

4歳児の身長や体重、成長の状態について、平均的な情報をまとめたので、ひとつの参考にしてください。

4歳児の身長や体重

幼児期の子供は成長の真っ最中なので、同じ4歳でも月齢によってだいぶ体格に差があります。また、徐々に男女の体格差も出てくる頃なので、男女別に月齢ごとの平均を見てみましょう。

まずは、4歳の男の子の平均身長です。

4歳児(男児)
月齢 平均身長
0ヶ月 100.3cm
1ヶ月 100.9cm
2ヶ月 101.5cm
3ヶ月 102cm
4ヶ月 102.6cm
5ヶ月 103.1cm
6ヶ月 103.5cm
7ヶ月 104cm
8ヶ月 104.5cm
9ヶ月 105cm
10ヶ月 105.6cm
11ヶ月 106.1cm

男の子の場合、4歳6ヶ月までの前半の平均体重は16.1キロで、4歳6ヶ月以降の後半の平均体重は17キロです。

今度は女の子の場合も見てみましょう。

4歳児(女児)
月齢 平均身長
0ヶ月 99.5cm
1ヶ月 100cm
2ヶ月 100.6cm
3ヶ月 101.3cm
4ヶ月 101.8cm
5ヶ月 102.4cm
6ヶ月 102.9cm
7ヶ月 103.5cm
8ヶ月 104.1cm
9ヶ月 104.6cm
10ヶ月 105.1cm
11ヶ月 105.6cm

女の子の場合、4歳6ヶ月までの前半の平均体重は15.8キロで、4歳6ヶ月以降の後半の平均体重は16.8キロです。

関連記事子どもの身長や体重の平均値とは?年齢別・男子と女子の平均値

4歳児における運動機能の成長

3歳ごろからバランス感覚がつかめるようになってくるのですが、4歳になるとこれがさらにしっかりしてきます。片足立ちができるようになったり、スキップしたりすることができます。

体を動かすときにスピードの緩急をつけることができるようになるので、走るときや自転車をこぐときにスピードが出せるようになるだけでなく、音楽にあわせてお遊戯ができるようになったりという成長もみられます。

この頃になると、スプーンやフォークだけでなく、お箸を使って食事をすることができるようになったり、ひもを結んだり、手先も器用になってきて複雑な動かしかたを覚えます。

体が大きくなり、動きに速度が出るようになると、転んだりぶつかったりしたときにケガをすることも出てくるでしょう。

もちろん、成長の過程で多少のケガはつきものなので、敏感になりすぎず構える必要がありますが、ズボンや靴の紐などがケガのもとになることもあるので、衣服や装飾品については親が気にかけてあげたいポイントです。

4歳児のこころや知能の成長

ものごとを感情だけではなく、しっかり頭で理解できるようになり始めるので、わがままや癇癪を起こしてばかり、ということは少なくなってきます。何かを叱るときや、本人の希望が通らないときでも、きちんと理由を話してきかせれば理解や納得することができることも増えてきます。

また、語彙力が増え、文章を組み立てることができるようになるので、自分の考えや、自分の体験したことなどを会話として話すことができるようになります。

時系列の感覚がついてくるので、過去や現在、未来の時間軸で話しを進めることができます。

ただし、空想を働かせる力が養われてくるのも4歳ごろの特徴です。そのため、会話は現実のことや空想の話が行ったり来たりすることが多々あります。

本人自身が自分の気持ちを言葉にするのが楽しくなる時期なので、積極的に親や家族に話しかける機会が増えますが、決して面倒そうにしたりうるさそうにしないで、しっかりお話をきいてあげましょう。

会話の内容が空想の話だったとしても、否定したりせずに、逆にもっと掘り下げて一緒に楽しんであげる事で、想像する力をより活発にしてあげることができます。

知識や記憶力がついてくることなので、なんとなく悪いこと、と思うとかえって面白がりやすい時期です。大人が使う崩れた言葉や、あまり良いニュアンスではない言葉ほど積極的に使いたがるのは頭が痛いところ。

日頃から子供に接するときには、極力自分たちが正しい言葉で優しく声をかけているかなど、周りの家族の環境も一度見直してみると良いかもしれません。

おままごとで空想の世界を広げてあげたり、鬼ごっこで活発に走り回ったりさせながら、幼稚園や保育園で徐々に社会性を身につけさせてあげるサポートができるのが、理想的な環境です。

なんだか急に手がかからなくなる印象がありますが、まだまだ親にはたっぷり甘えたい時期です。できることが増えたときには都度褒めてあげたり、個人として認めてあげつつ愛情を表現すると子供自身の自己肯定感を高めてあげることにもつながります。

関連記事5歳児の身長や体重の平均値と成長の状態

まとめ

  • 幼児期の子供は成長の真っ最中なので、同じ4歳でも月齢によってだいぶ体格に差がある。
  • 4歳になると片足立ちができるようになったり、スキップしたりすることができるようになる。
  • 何かを叱るときや、本人の希望が通らないときでも、きちんと理由を話してきかせれば理解や納得することができることも増えてくる。

 

成長期のための栄養がバランスよく配合されたスムージー

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪