この記事は約 3 56 秒で読めます。

プロテインという単語を聞くと、スポーツを本格的にやっている人やボディビルダーの方が筋肉を付けるために飲んでいるというイメージがありませんか?

そのイメージがあるから子供に飲ませると筋肉ばかりついて、身長が伸びなくなると思っているかもしれませんが、実はこれは事実ではありません。

今回はそんなプロテインと身長の関係、そして子供にプロテインは飲ませて良いのかどうかについてご説明します。

「子供にプロテインを飲ませると身長が伸びない」説は嘘?本当?

まず先に、「子供にプロテインを飲ませると身長が伸びない」のかどうかをはっきりさせておきましょう。これは全くの嘘になります。そもそもプロテインという言葉の意味をご存知でしょうか。これは和訳すると「タンパク質」になります。

人間の体にとって特に必要な5大栄養素の1つ「タンパク質」。プロテインとはこれを摂取しやすくしたサプリメントであるので、飲めば必ず筋肉が付くわけではないですし、もちろん身長が伸びなくなる事もありません。

関連記事【身長とカルシウムの関係】不足も摂り過ぎもダメ?タンパク質の選び方がカギ!

では何故このような説が世間に流れているのでしょうか。

そもそも子供に筋トレをさせて筋肉を付けさせると身長が伸びなくなるという話がまず土台としてあります。これ自体は全くの嘘という事ではありません。

子供の体は健康的に維持するためのエネルギーと、体を成長させるためのエネルギーの2つを必要としているため、筋トレによってダメージを負った筋肉を修復するためにエネルギーを使うと、体を成長させるためのエネルギーが足りなくなり身長が伸びにくくなるわけです。

これにプロテインは筋肉が付くものというイメージがくっ付いて、「子供にプロテインを飲ませると身長が伸びない」という話が出来上がったわけです。しかしプロテインはあくまでも「タンパク質」であり筋肉を付けるのではなく、体の健康維持に大事な栄養を補ってくれる物という認識をまずは持つようにしてください。

プロテインはタンパク質を効率よく吸収できるサプリメントですので、成長期の子供にはむしろ飲ませても良いくらいです。

体の健康維持と成長とで、大人よりも栄養を多く欲しているのが子供です。特にスポーツなどで体を動かす機会が多い子供には、食事との栄養バランスに合わせてプロテインを取り入れる事も推奨される事なのです。

関連記事運動後のゴールデンタイムにプロテインは効果的なのか?徹底検証してみました

いつから始めると効果が出る?

さてプロテインを子供に飲ませても問題はないと言っても、幼稚園児などに飲ませるのはやはり気が引けますよね。しかし何歳からプロテインを飲んでも大丈夫という明確なラインは存在しません

何度も言いますがプロテインはタンパク質であり、人間の体を作る素となる大事な栄養素です。つまり1日3食の食事ではタンパク質の摂取量が足りない子供には積極的に飲ませるべきと言うのが結論になります。

タンパク質は肉類、牛肉や鶏肉、魚などから摂れる動物性と納豆や大豆などの豆から摂れる植物性と2つあります。普段の食生活を見直してこれらの摂取量が少ない場合にはプロテインを利用するようにしましょう。

特に子供は好き嫌いが激しいので、思うようにタンパク質を摂ってくれない事もあるので、プロテインは効果的ですよ。

関連記事「小学生にプロテインを飲ませると身長が伸びない」は本当?効率の良い飲み方とは

「大人用」と「子供用」の違い

プロテインを1度も買ったことが無い人もいると思いますので、注意点として「大人用」と「子供用」がある事は覚えておいてください。

「大人用」はしっかりと筋肉を付けるためのサプリメントですので、成分のほとんどがタンパク質で構成されています。対して「子供用」は子供の体の成長を補助する事を目的としているため、タンパク質以外の栄養素も多く含まれています。

また値段も「大人用」より「子供用」の方が少し高い相場になっています。子供の摂取する栄養でタンパク質だけが足りないという時は、「大人用」で量を少なめに摂取させる事も有りです。大事なのは子供の栄養の1日の摂取量が多くなり過ぎないように注意する事です。

子供にプロテインを飲ませるとどんな効果がある?

子供にプロテインを飲ませる事は全く問題がないどころか、健康的な体作りを支える土台にもなり得ます。
では具体的にどんな効果が期待できるかを、改めてここで整理してご説明します。

栄養補給

プロテインを飲む事で期待できる1番の効果は、当然栄養補給です。
すでにお伝えしていますが、子供用のジュニアプロテインは特にその効果が期待できます。

ジュニアプロテインと呼ばれる物にはタンパク質の他に、体の成長には欠かせないカルシウム、不足しがちなビタミンや鉄分といった栄養素も含まれているため、日々の食事で中々摂れない栄養素もバランスよく摂取できるのです。

栄養が多く摂れるならもうプロテインだけで良いのではと思う方もいるかもしれませんが、あくまでも栄養補助食品である事を忘れないでください。普段の食事だけでは足りない栄養素を補うための物であり、プロテインを主食とするのはもちろんダメです。

関連記事ジュニアプロテインで身長は伸びる?子供の成長をサポートする選び方

筋肉の修復や発達

ジュニアプロテインにはタンパク質以外にも様々な栄養素が含まれているので、成長期には特に飲む事が推奨されるほどです。しかし結局プロテインで1番期待できる部分というのは筋肉の修復と発達です。主成分がタンパク質である以上これは外せません。

逆を言えば、大した運動をしていない子供に飲ませるのは問題があるという事です。
タンパク質は体内に蓄えておく事ができない関係で、過剰に摂取すると消化器系に負担をかける事になります。腸や肝臓、腎臓などに内蔵に負担がかかってしまうので、プロテインの摂取量は特に気を付けるようにしましょう。

関連記事成長期の中学生がプロテインを摂るのは実際どうなの?

プロテインのデメリット

プロテインにはタンパク質を始めとして様々な栄養素が含まれていて、ジュニアプロテインは特に子供の成長に欠かせない栄養を含んでいます。
しかしそんなプロテインにもデメリットは存在します。

1つ目は先ほど少し触れましたが、食事の代わりにはならない点です。

どんなに栄養素を多く含んでいるプロテインでも、それを食事の1つとしてカウントするのはダメです。人間の3大欲求の1つに食欲が含まれているように、美味しい食事を取るという事は非常に重要な事なのです。

その食事を最大限楽しめるようにするためにも、栄養バランスを優先して無理に嫌いな物を食べさせる事がないように、プロテインで補っていきましょう。

2つ目は飲み過ぎる点です。

ジュニアプロテインは子供でも飲みやすくするために、最近はココア味やフルーツ味の物も販売されていて、ジュース感覚でついつい何杯も飲みたくなるようです。1杯でもかなりの栄養を補給できるので、ガブガブ飲み過ぎないように管理をしっかりとしておきましょう。

基本的にデメリットはなく、単に利用する上で気を付けるべき点があるという事です。特に飲み過ぎ問題は子供は中々我慢ができない事も多いので、必ず親がプロテインを管理するようにしましょう。

子供にプロテインを飲ませるなら適量を守る

すでに何度も言ってきていますが、子供にプロテインを飲ませる時に気を付けるべき点は量です。

基本的に体重1kgに対してタンパク質1g必要とされていますが、これはもちろん普段の運動量によって上下しますし、食事で摂れるタンパク質の量とプロテインで摂取するタンパク質の量を合わせる必要があります。

つまり食事でしっかりタンパク質を摂れている場合はプロテインは飲まないか少量に留める必要があり、あまり摂取できていない場合にはそれ相応のプロテインが必要になってきます。

この分量を間違えると子供の健康に害を及ぼすサプリメントになってしまいますので、必ずプロテインを利用する前に摂取量のルールをよく調べるようにしましょう。

ここさえ守れば、プロテインは子供の成長にとって非常に心強い味方になりますので、ぜひプロテインの利用を考えてみてください。

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪