この記事は約 4 7 秒で読めます。

思春期がはじまる年齢は10歳頃(男の子は遅くて12歳頃)と言われていますが、この年齢が大幅に遅れた場合に思春期遅発症と診断されます。

言い換えると発育遅れとも言えるでしょう。

成長が遅れているか正常なのかを簡易的に診断するには身長や体重の増加を見れば分かります。

また他の子供に比べて2~3年遅れであれば「思春期遅発症」の疑いがあります。

性的機能の発達と体の大きさはある程度比例しているようです。

思春期遅発症とは

思春期における第二次性徴期が遅れる場合を思春期遅発症と言います。

具体的に言うと女の子は初潮が16歳になっても現れない場合や、胸のふくらみが12~13歳ころになっても見られない場合を指します。

男の子の場合は睾丸の成長が遅く14歳になっても精巣が成長していない場合、13歳頃に精巣や陰茎が大きくなり始めるが、18歳までにその成長が終わらない場合を指します。

思春期は年齢で見ると女の子の方が早く、男の子は少し遅れておとずれます。年齢から単純に判断すれば女の子が早熟だと言えるでしょう。

思春期には身長が驚くほど伸びます。個人差もありますが、1年に平均して7センチ前後、人によっては10センチ以上伸びる事もあるのです。

思春期が遅れてくると、子供本人もストレスを抱えることになり、また親も心配になってきます。

親は子供の成長を気にしますのでヒヤヒヤします。

身体、特に身長が平均よりも極端に低かったり、性機能の発達(男の子の精巣の発達遅れや精通時期の遅れ、女の子の整理の遅れや胸のふくらみ)が遅れると心配になります。

一方では思春期の現れ方には個人差が大きい為に、思春期遅発症と単なる個人差による成長の遅れを混同しないようにすることも大切です。

心配なら専門の医師と相談するようにしましょう。心配ならば専門医に早めに相談しましょう。

何といっても親は子供の成長が正しく行われているかがとても気になり他人と比べます。

わが子の成長が遅れていると夜も眠れないほど心配になります。それが親心と言うものなのです。

関連記事成長期終了?止まった身長はまた伸びる?身長が止まるサインとは

思春期遅発症の原因は?

人間はDNAという人間をつくる為の「設計図」と、体を形造る為の食物と言う「材料」が共にそろわないと正常な体に成長しません

思春期遅発症はこのどちらかに異常があれば起こる症状です。

また遺伝子や食事に問題がなくても、極端なストレスが長く続いた場合や病気にかかっている場合にも起こります。

生殖に関する遺伝子に損傷がある場合や、遺伝子は正常であっても遺伝子の発現(働き)が正しくない場合は性ホルモンの分泌に悪影響を与え、起こるべき思春期が遅れてきます。

また思春期には体の大きさが子供から大人へと進化するのですが、この大事な時に栄養が不足したり、エネルギー(カロリー)は取っているとしても栄養バランスの悪い食事(ジャンクフード)を長く続けると新陳代謝が悪くなり、細胞は正しく入れ替わらなくなります。

さて人間は外部環境から常に一定のストレスを受けているのですが、このストレスがある一定の強さ以上になると、またその継続時間が長くなり、ストレスが常態化すると成長が遅れます。

例えば限度を超える過重労働や、運動のしすぎで体力を消耗して、思春期が遅れる事もあります。今の日本では子供が労働することはないと思われますので、運動のしすぎに注意すれば良いでしょう。

以上述べた4つの要因が思春期遅発症の原因になります。

思春期遅発症の治療

思春期遅発症
お子さんの症状が、先ほど述べた原因のどれに当たるかを特定してから治療を行うことになるのですが、その治療法や対処法を少し具体的に説明致しましょう。

原因を正しく特定しないで、やみくもに治療するとかえって健康を害しますので注意が必要です。

成長ホルモンや性ホルモンの投与を行う

DNAは人間の設計図ですから、成長に関わる遺伝子に異常があれば成長が遅れます。

例えば性ホルモン分泌に関わる遺伝子にトラブルがあれば性ホルモンの分泌量が減少して思春期が遅れることになります。

この場合の治療法はホルモン注射により行います。体内で作られなくなっている性ホルモンを外部から補います。

もちろんこの治療は医療行為に当たりますから専門医に相談して治療を受けることになります。

関連記事成長ホルモン剤の種類と副作用
関連記事成長ホルモン分泌に重要なのは?

栄養バランスの良い食事を毎日食べる

設計図(遺伝子)が正常であっても体をつくる材料(食べ物)が不足したり、栄養バランスが悪ければ成長は遅れます。

御存知のように、人間の体は「食べ物」で作られます。従って思春期に必要である充分な量の食事を子供に与えなかったり、栄養バランスの悪い食事を長い間にわたって継続すると成長が妨げられます。

さらに思春期になって異性を意識するあまり極端なダイエットに走る例もあります。

このような極端なダイエットはカロリー及び栄養のアンバランスを招き、思春期遅発症になる危険性があるので、無理なダイエットは行わないことです。

また極端な栄養素の偏りがある食事(毎日ジャンクフードと清涼飲料水を摂取するなど)を継続していれば、健全な成長ができなくなり、その結果として思春期も遅れがちになります。

思春期にはバランスの良い食事を、体が成長する為に必要とする量を子供に食べさせましょう。

これはあまり良い例ではないですが、親にネグレクトされ充分な食事を食べていない子供は体が非常に小さかったというテレビや新聞報道で見た経験はあるでしょう。

一方で準備をする方も毎日では大変です。成長を助ける栄養素が食事にすべて盛り込めない場合は、サプリメントや、プラステンアップのようなサポート食品を利用するのも一つです。

関連記事思春期の成長を助けるサプリランキング
関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?
関連記事中学生・高校生の成長に特化した成長サプリ「プラステンアップ」の効果と口コミ

中学生・高校生の成長に特化した成長サプリ「プラステンアップ」

ご購入はこちらから!プラステンアップ公式サイト

ご購入はこちらから!プラステンアップ公式サイト

病気を治す

色々な病気が原因で成長が遅れている場合があります。

例えば甲状腺異常や脳腫瘍、腎不全などの病気を持っていれば成長が遅れます。この様な場合は勿論、り患している病気を先に治すことが第一になります。

しかし、病気が完治してもなお思春期が遅れているようなら他の原因も共存している可能性があります。

その場合はストレスや食事に問題がないかをチェックしてみましょう。

ストレスを低減する

子供にとって過度なストレスとは、親の愛情不足や、交友関係並びに知人による「いじめ」があるかもしれません。

子供は「いじめ」を親には打ち明けませんから、親は注意深く子供の行動や言葉やしぐさをチェックしておくべきです。

「いじめ」の兆候が見られるようならば早めの対策が必要です。

学校や行政と協力して「いじめ」から解放するようにしないと子供は心身ともに疲れ果てて、場合によっては最悪の事態に発展する事も考えられます。

ストレスは適度であれば人を成長させますが、過度なストレスを受けると精神的にも肉体的にも悪影響を受けますので、思春期におけるストレスには充分注意をしておかなければなりません。

運動量を適正化して休息を取る

思春期では特定の運動に没頭することがよくあります。

サッカーや野球、陸上競技などを毎日行えば体力消耗が起こります。

スポーツを行う場合は「休養」も大切なことであり、期間を決めて運動及び休養をするようにすべきです。

しかし強くなりたい、上手くなりたいという思いが先走り「オーバーワーク」になってしまいがちです。

女子マラソン選手できつい練習の繰り返しをして、生理がなくなったという話をよく耳にします。やはり適度な休息が必要である証拠でしょう。

特にスポーツで有名な学校のクラブ活動では、練習の量が半端なく多くなる傾向にありますから、科学的な練習メニューを組んで、休息はキッチリと取るようにしなければいけません。

これは子供よりも周囲の大人が注意するべきです。

まとめ

  • 思春期における第二次性徴期が遅れる場合を思春期遅発症といいます。
  • 生殖に関する遺伝子に損傷がある場合や、遺伝子は正常であっても遺伝子の働きが正しくない場合におこります。
  • 原因を特定し、それを取り除くことで治療を行うことができます。

 

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪