この記事は約 4 38 秒で読めます。

思春期のうつは、対処法を間違うと最悪の結果になる可能性もあるため、慎重に対処する必要があります。

「うつ」は心の病であると昔は言われていましたが、最近の研究では「脳の病気」であることがわかってきました。

思春期の鬱(うつ)とは

思春期の子供がどうも様子が変だ、やる気がないし、眠れないと言う症状があれば、もしかして「うつ」かもしれません。

病気は、早期発見と早期治療が大切です。しかし、うつは早期発見が意外と難しいかもしれません。それは、思春期の子供は夜更かしすることも多く、また勉強に気が入らないことだってあります。

ですからこの様な現象が思春期の1ページであるだろうと安易に考えて「うつ」を放置する事もあります。その結果、うつが重症化してしまう恐れがあるのです。

思春期でうつになってしまうと大事な人生が台無しになってしまいますから、親は子供の変調を早く察知して適切な手を打つべきです。

関連記事無気力になりがちな思春期、放置は危険!症状の改善方法は?

思春期の鬱の原因は?

「うつ」の原因はハッキリと分かっていません。ストレスが原因であると言われていますが、ストレスに対する抵抗力には個人差があるために単純にストレスが原因で「うつ」になるとも断定できません。

しかしストレスが原因の一つである事はほぼ間違いなさそうです。

精神的に大きなショックを受けた場合や、例えばとても好きだった人の死などで環境が激変した場合なども「うつ」の引き金になるようです。

また子供の性格もうつ病と関係していると言われています。几帳面である、責任感が強い、真面目な子供ほど「うつ」になり易いのです。

何か失敗があると自分を責めてしまう、上手く出来なかった事を後悔するので、それがストレスとなってしまいます。

「うつ」は脳の病気ですから脳細胞の働きが悪くなっていると考えられ、その原因としては食べ物が悪いことも考えられます。

最近は栄養素が偏っているジャンクフードや清涼飲料水を摂取する機会が増えているから要注意です。

以上を総合して結論を言うと、几帳面で責任感がある性格を持っていて、思春期に大切な栄養摂取が不適切で、そして何か大きな出来事が引き金になって「うつ」を発症すると言っていいでしょう。

思春期は脳も成長段階である為に、大人よりこれらの影響が顕著に現れると考えられます。

思春期の鬱を病院での治療するときの注意

思春期 鬱
病院に行き医師の診断を受けると間違いなく「薬物治療」を提案されて、薬物療法を受けることになります。

子供にあった適切な薬物療法を受けられればいいのですが、一歩間違えれば症状が改善するどころか悪化する場合もあるようです。

薬物療法は専門知識と経験が豊富な病院を選ぶことがまず大切です。そして治療には長い時間がかかる事も考慮しておくことです。短くて半年、長ければ2年以上かかります。

根気よく気長に薬物療法を続けることです。

また薬には必ず副作用がありますから、あらかじめどのような副作用があるかは知っておくべきでしょう。

また一旦治った様に見えてもまた再発する可能性もあることを知っておきましょう。

関連記事うつじゃないかも?思春期に起こりやすい起立性調節障害とは

思春期の鬱に関するその他の改善法

思春期 鬱
薬物投与やカウンセリングなど専門医と相談して行う治療のほかに、自助努力で行った方が良い改善法を説明します。

先ほど述べたように、過去の生活環境や外部からの刺激(交友関係や家族関係)など「うつ」になりやすい環境に長くいると発症すると考えられますので、生活環境(生活習慣)や交友関係、家族関係を見直してみる事も解決の手段として行ってみたいものです。

病院で治療するとどうしても薬物投与中心の治療になり、悪くすれば「薬中毒」となり最悪の事態に陥る例も多くみられます。

薬は人間の体から見ると「異物」であり、長く使っていると副作用や人間に本来備わっている治癒力を奪ってしまいます。

一時的な薬物投与は宜しいのですが、長期間の投与(服用)は注意を要します。

日常的に薬に頼らずできる方法を以下に説明致します。

これらを全て行えればいいのですが、それは無理と思うなら優先順位を付けて、1つでも良いから行ってみましょう。

優先順位の付け方ですが、理想的な生活習慣からかけ離れたところを理想状態にまで改善しませんか?

たとえば食事が偏っていて、ジャンクフードと清涼飲料水の食生活の人は、肉や魚、野菜や果物を積極的に食べて、飲み物は水かお茶に変える事です。

早寝早起き

うつ状態になると家に引きこもり、夜更かしをするようになります。

うつ病は脳の病気であるから良い睡眠は最も効果的な治療法であるはずなのですが、夜更かしはまるで逆効果になります。

しかしこれは言うのは簡単なのですが、行うのは難しいのです。習慣を変えるには大きなエネルギーが必要ですし、周囲の協力も不可欠です。

「うつ」のお子さんに「早寝早起きをしろ!」と言いながら親が遅くまでテレビを見ていてはいけません。

夜に良い睡眠を取る為には昼間に運動をすることが不可欠でしょう。昼間に外出して散歩するなり軽い運動をする習慣をつけましょう。

食事を見直す

ジャンクフードと清涼飲料水を止めましょう!

タンパク質と野菜や果物、海藻類、キノコ類を多く含む食事を取りたいものです。

いまは友働きの家庭が多くて、お子さんに手作りの食事を食べさせる家庭が少なくなってきました。しかし食はまさしく人格にまで影響を及ぼしますから、最も注意を要する項目です。

まして思春期で育ち盛りの子供には「良い食習慣」を付けることが心身を健全にすることであると考えて行動していただきたいものです。

手作りが無理なら栄養バランスの良い総菜を買って食べさせて下さい。

食事が乱れると当然ですが健康を害します。脳細胞にも悪影響を与えて、脳細胞のミトコンドリアの作用が低下してきます。

そうすると脳細胞はエネルギーを作り出すことが出来なくなり、その状態が長く継続すれば「うつ」になる可能性が高まります。

交友関係を変える

思春期では交友関係、つき合うグループが子供には非常に大切ですが、それがかえってマイナスに働いている場合も考えられます。

グループの中で「いじめ」にあっているかもしれません。

しかし子供は親にその事実を話しません。周囲がSOSを感知するしかないのです。

住む場所を変えずに交友関係を変えるのは非常に困難です。この様な場合には、思い切って引っ越しをするのもいいでしょう。

そうすると交友関係は全く新しくなります。

家族関係の見直し

父親か母親から大きなプレッシャーを受けている場合は家庭から離れると言う事も考慮するべきです。

たとえば全寮制の学校に転校させて親から切り離すのです。

お金があれば海外留学も選択肢の一つです。

親は自分の成功体験を子供に伝えたいと言う気持ちで、子供に強く当たろうとします。しかし子供は子供の人生があり適性があるはずです。

親の独りよがりで、価値観を子供に押しつけようとします。その結果は良い方向には向かわないでしょう。

無理してまで学校には行かない

学校生活がストレスになる子供もいます。

親は学校に行く子供が「良い子」というレッテルを貼りますが、もしも学校や、学校の交友関係に問題があるなら無理してまで登校する必要はありません。

他人が何と言おうと登校せずに「悪い子」になればいいのです。

いまは学校での「いじめ」も多くみられる為、自宅やボランテイアの運営する学習塾で勉強することも選択肢です。

この場合、親は学校に行かない子供が「悪い子」であるという考え方を捨てるべきです。

関連記事思春期の不登校は子供からのSOS!

住むところを変えてみる(引越しする)

子供の環境を大きく変えるのは引っ越しです。引っ越しでは家族関係以外の環境は大きく変わります。

空気や水、交友関係や学校などが激変します。

リスクもありますが環境を変えるには良い方法かもしれません。もしもお金が許すなら海外で生活する事もいいのではないでしょうか。

思春期の鬱が身長のコンプレックスからきているなら

例えば身長のことでコンプレックスを持っていると、それだけで気分が暗くなってしまいます。

もし、それが悩みならば、スムージーやサプリメントで解決できるかもしれません。

関連記事栄養バランス重視!身長を伸ばすおすすめサプリ
関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

プラステンアップなら、健康的な食生活への改善効果も期待できて一石二鳥です。

関連記事中学生・高校生の成長に特化した成長サプリ「プラステンアップ」の効果と口コミ

中学生・高校生の成長に特化した成長サプリ「プラステンアップ」

ご購入はこちらから!プラステンアップ公式サイト

ご購入はこちらから!プラステンアップ公式サイト

 

鬱は脳の病気です。思春期におこりやすいため一時的な心の病とされてきましたがそれは違います。

鬱の場合、病院での治療だけが有効な手段ではありません。生活する環境を変えることで、鬱の症状から脱出することができることもあるのです。

まとめ

  • 思春期の子供がどうも様子が変だ、やる気がないし、眠れないと言う症状があれば、もしかして「うつ」かもしれない。
  • 精神的に大きなショックを受けた場合や、例えばとても好きだった人の死などで環境が激変した場合なども「うつ」の引き金になる。
  • 薬物療法は専門知識と経験が豊富な病院を選ぶことがまず大切。
  • 夜に良い睡眠を取る為には昼間に運動をすることが不可欠。

 

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪