この記事は約 2 49 秒で読めます。

顔や体格、体型などは、「親譲り」つまり遺伝するものだと思われている傾向があります。確かに、自分自身も年々両親に似てきたな、と自覚することもありますよね。

さらに、自分自身が顔や体型にコンプレックスがあると、子供も同じ思いをするのかな、と不安になってしまう場合もあります。背の高さというのもそのひとつ。自分が背が低いと、子供の背が低くても仕方がないのでしょうか。

また、子供の身長が低いけれど親は背が高い場合は、そのうち伸びるものなのでしょうか。そんな疑問を解消するために、低身長症と遺伝の関を説明します。

低身長症の原因になる病気もある

低身長症の約3割は、病気が原因で起こるものです。たとえば身長が伸びるためには成長ホルモンの分泌が密接に関わっています。ホルモンの分泌は脳からのサインがあってこそ行われることで、これは脳の視床下部という部分の仕事です。

つまり、脳の外傷や病気のせいで視床下部の機能が低下してしまうと、成長ホルモンがしっかり分泌されなくなってしまいます。成長ホルモンが不足していると、身長含めあらゆる部分の成長に影響を及ぼします。

成長ホルモンだけでなく、甲状腺ホルモンも成長ホルモン同様に背を伸ばすための大切な役割を担っています。甲状腺ホルモンは甲状腺の機能によって分泌されるため、病気が原因で甲状腺の機能が低下してしまうと、やはり不足してしまいます。これが低身長症の原因になってしまいます。

その他にも、染色体の異常である「ターナー症候群」や「ヌーナン症候群」といわれる病気の場合にも、低身長の症状が出ることがあります。このように、低身長がそもそも何かの病気の症状のひとつである場合もあるのです。

関連記事身長とも関係する甲状腺ホルモンとは?
関連記事低身長の原因?病気の種類とそれぞれの治療方法をご紹介

低身長症は遺伝なの?

低身長症のうち、残りの7割は病気以外の原因です。確かに、ある程度遺伝的要素や体型や体質に影響を及ぼすことは医学的にも認められている事実です。しかし、身長に関しては、背が伸びる様々な要素のうちで遺伝が影響しているのは約25%ほどの部分だといわれています。

一見遺伝のように感じても誤解されている、という部分もあります。一緒に暮している家族や兄弟というのは、その生活スタイルも似ていることが大半です。生活サイクルや食事内容が似ていれば、体内環境も当然似たような状態になります。

低身長 遺伝
もともと遺伝による小柄な家系、と思われている家族も、もしかしたら慢性的に栄養バランスが良くない状態にあるだけで、これを改善することで体質や健康への影響が変わる、ということは大いに考えられます。

関連記事低身長症は遺伝なの?遺伝や病気以外の原因は身近にある?!
関連記事子供の身長は隔世遺伝で決まる?遺伝で決まる要素って何!?

遺伝や病気以外の低身長症の原因

では、特定の病気じゃない場合で、さらに遺伝以外にはどのような要素が低身長症の原因になる可能性があるのでしょうか。

病気の部分で説明した通り、背が伸びたり、内臓や血管などの細胞が頑丈になり、大人になる体の準備をするためには成長ホルモンの存在が欠かせません。成長ホルモンは大人の体にも分泌されているホルモンの一種ですが、特に思春期後の成長期の間にはたくさんの成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンが体の成長を促しているということは、逆にこの成長ホルモンが不足していると成長が妨げられてしまうということです。

低身長 遺伝
引用元:つるのぼるクリニック

関連記事成長ホルモンの分泌を効果的に増やす方法とNG行為

成長ホルモンが効率よく分泌されるポイント

成長ホルモンが効率良く分泌されるには、大きく分けて3つのポイントがあります。

1. 栄養

まずひとつめは栄養。体内の栄養バランスが悪いとホルモンの分泌に影響します。ホルモンだけでなく、骨や歯を作り出すカルシウムや、血液のもとになる鉄分、筋肉となっていくタンパク質など、どの栄養が不足しても、しっかりと成長していくことはできません。

できるだけバランス良く、いろいろな栄養素をしっかり摂り入れることが大切です。

関連記事子供の身長を伸ばす為の3大要素!?必要な栄養素とは?

2. 睡眠

次に、睡眠です。質の良い睡眠をとっている最中には、成長ホルモンがたくさん分泌されることがわかっています。

鍵となるのは「質が良い」という部分です。成長ホルモンは、睡眠についてから一番深い眠りにつくまでの2時間の間に効果的に分泌されます。きちんと深い睡眠につける質の良い眠りでないと、効果がありません。

関連記事成長ホルモンには睡眠時間が大切!ストレスによる不眠に注意!

3. 運動

成長ホルモンをたくさん分泌させるための最後のポイントは、運動です。適度な運動のあとにはたくさんの成長ホルモンが分泌されることがわかっています。特に、バスケットボールやバレーボールのようにジャンプするような縦に伸びる動きは、骨にも良い影響を与えます。バスケットボール選手やバレーボール選手は背が高い人が多い、というのもうなづけますね。

子供がすくすくと成長するためには、規則正しい生活を送ることができるように環境作りをしてあげることや、いろいろな種類の食材を使った、栄養バランスの良い食事を作ることなどをしっかりサポートしてあげることが重要です。

また、ストレスを抱えていると食欲がなくなったり、しっかり眠ることができなくなったりもしやすいので、ストレスがかかりすぎていないか見守ってあげることも、成長や健康面にも影響する大切なことです。

関連記事整体やストレッチが身長に与える効果!身長と成長ホルモンの関係

 

★ 成長期のための栄養がバランスよく配合されたスムージー ★

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪