この記事は約 3 24 秒で読めます。

誰しもが自分の子どもの成長に目を細めたり、ハラハラしたりと、一喜一憂するのは当然のこと。授業参観や運動会の時など、ほかのクラスメイトたちと体格の違いや、勉強の進み具合などついつい比べてしまいがちです。

自分の子どもは毎日見ているので、成長には気がつかないもので、気にし過ぎというのもお子さん本人にとってもいいことではありませんが、発育が遅く身長がなかなか伸びない「低身長」には、思わぬ病気が隠れているかもしれません。

そんな時は迷わず専門医に診断してもらいましょう。

成長曲線とSD値による「低身長」の定義

まずは病気を疑う前にお子さんが低身長かどうか知ることが大切です。クラスの中でもうちの子は小さいほうだから…と、いう場合も、身長が標準の範囲内という子どもは全体の9割以上です。ですから、小柄だからといって低身長の定義にあてはまらないことも多いようです。

低身長 病気
引用元:おおきくなぁれ

成長曲線とは母子手帳や保健機関などのサイトにある、身長や体重の曲線グラフです。低身長かどうかはこの曲線グラフにお子さんの身長をつけていけばすぐにわかります。

  1. 身長が−2SD以下
  2. 身長は標準の範囲内ながら、成長率が2年続けて−1.5SDを下回る

SDというのは標準偏差のことをさす「Standard Deviation」の頭文字を取った略語で、成長曲線には−2SD、−1SD、+1SD、+2SDが記されていて、−2SDから+2SDの範囲内が標準値ということになります。

また、身長は−2SD以上あるものの、1年の成長率の−1.5SDを下回る年が2年続くと、これも低身長となります。こちらも年齢性別によって算出されていますが、具体的に言うと、小学校低学年ですと男女とも、年間4cm以上伸びるのが理想的です。

これらの定義で「低身長」にあてはまる場合、小児科や学校医の先生に相談してみるといいでしょう。

関連記事もうこわくない!低身長の2つの基準計測方法とは?

低身長はこんな病気が原因かも!?

標準身長の幅を下回る低身長の場合は、どのような病気が考えられるでしょうか?

その主な病気と代表的な治療法を紹介します。病気も治療法もごく一例ですので、低身長だったり病気の心配がある場合は、必ず専門医の診断や治療を受けるようにしてください。

低身長 病気
引用元:五十嵐小児科

成長ホルモン分泌不全性低身長症

身長を伸ばすということは、骨が成長して硬くなるということです。その軟骨の細胞分裂を促すものが、成長に不可欠な成長ホルモンです。

その成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されますが、下垂体が脳の外傷や脳腫瘍などによって障害を受けると、成長ホルモンが正常に分泌されないことがあります。また、そういった障害がなくとも成長ホルモンの分泌が不足することもあり、どちらも低身長の原因となることがあります。

そのような場合原因となる病気の治療のほかに、成長ホルモンを補う治療により、改善が見られれば身長が伸びることがあります。

関連記事成長ホルモン分泌不全性低身長の検査と治療法

甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの不足)

喉仏の下のあたりにある甲状腺は、やはり脳の下垂体から指令を受けることにより、甲状腺ホルモンを分泌します。

この甲状腺ホルモンにも、成長ホルモン同様に骨を成長させる働きがあります。成長ホルモン同様になんらかの原因で脳の下垂体に障害を受けたり、異常慢性甲状腺炎による原発性甲状腺機能低下症や先天的なクレチン症など、甲状腺自体の異常により甲状腺ホルモンが分泌されにくくなることがあります。

こういった場合も原因となる病気の治療のほか、甲状腺ホルモンを補う治療が効果的だとされています。

SGA性低身長症

SGAは「small for gestational age」の頭文字を取った略語です。SGAとは赤ちゃんが子宮内で十分に発育せず、出産時のに標準の身長や体重よりも小さい状態のことを言います。

SGAの場合でも、3歳頃までには標準身長に追いつきますが、なかにはSGAが原因で低身長になることがあります

SGAが原因の低身長症の場合は、成長ホルモンの投与で改善がみられることがあります。

関連記事SGA性低身長症の判断基準と治療法とは?

染色体の異常(ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群など)

およそ2,000人に1人の割合で見られるX染色体にみられる欠損を「ターナー症候群」といいます。ターナー症候群は卵巣の発育が悪く、成長期と呼ばれる思春期がありません。そのため低身長になったり、さらに深刻な心臓病や難聴といった合併症を引き起こすことがあります。

15番染色体に異常をきたす「プラダー・ウィリー症候群」は男女問わず1万人に1人程度の病気です。この病気は低身長のほか性腺の発育不全などが見られ、肥満や発達障害などの症状が出ることがあります。

染色体の異常では、常染色体優性遺伝性疾患の「ヌーナン症候群」という病気もあり、それが原因で低身長になる場合があります。

それぞれ難しい病気ですが、病気の治療のほか女性ホルモンや成長ホルモンを投与し、治療をめざします。

軟骨異栄養症(骨や軟骨の異常)

先天的な骨・軟骨異常による低身長でもっとも多いとされるのが「軟骨異栄養症」です。これは、四肢短縮型の低身長を起こす軟骨無形成症や軟骨低形成症の総称です。身長を伸ばすために必要な骨の軟骨細胞が増えにくいのが特徴です。

大変に発症人数が少ないケースで、成長ホルモンを投与するほか、整形外科による骨延長術を行う場合もあります。

低身長 病気
引用元:jcrgh.com

内臓疾患

そのほか、内臓に疾患がある場合は栄養が十分にいきわたらずに、低身長を引き起こす場合があります。

以上はあくまで低身長の原因となる可能性のある病気の紹介です。

心配がある場合、再三お話している通りかならず専門の治療機関にて、相談や診断をうけるようにしてください。

まとめ

  • 小学校低学年だと男女とも、年間4cm以上伸びるのが理想的。
  • 標準身長の幅を下回る低身長の場合、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」「甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの不足)」「染色体の異常(ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群など)」「軟骨異栄養症(骨や軟骨の異常)」「内臓疾患」などの原因が考えられる。
  • 病気も治療法もごく一例ですので、低身長だったり病気の心配がある場合は、必ず専門医の診断や治療を受けるようにしてください。

 

医師監修の元で開発された成長を本気で考えた製品

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

ご購入はこちらから!のびのびスムージー公式サイト

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪