この記事は約 4 1 秒で読めます。

カルシウムは、骨や歯の主成分となる栄養素です。体内に取り入れられたカルシウムは、その99%が骨や歯を構成する成分になり、残りの1%は血液など体内のいたるところで使用されています。

カルシウムをしっかり摂取することで、骨や歯を丈夫にするだけでなく、高血圧を予防したり、イライラするなどの感情をコントロールすることができるということが期待できます。

子供の成長のために、カルシウムを手軽に補給できる『いちごカルシウム』というサプリメントがあるのをご存知ですか?そもそもどうしてカルシウムが必要なのか、ということも含めて、『いちごカルシウム』の特徴や口コミをご紹介します。

いちごカルシウムってなに?

いちごカルシウム
引用元:ワダカルショップ

 
いちごカルシウムには、一日の摂取量の目安の2粒あたり、牛乳瓶1本分のカルシウムを補うことができます。
いちご果汁が入った、舐めても嚙み砕いても食べられるいちご味のお菓子のようなサプリメントなので、子供が進んで食べてくれるのはとても助かります。

カルシウムだけでなく、いちごカルシウムの中にはビタミンDも配合されています。
ビタミンDは、カルシウムの吸着を助けてくれる成分なので、カルシウムと一緒に摂取することでより効率的にカルシウムを骨や歯に変えていくことができるようになります。

とはいえ、子供の体内に取り入れるものならば、親としては安全性なども気になるところ。いちごカルシウムはワダカルシウム製薬が製造、販売しているため、製薬会社の安全性や品質のこだわりの元に作られた安心のサプリメントです。

その上、約1ヶ月分の値段は1,000円強。他の食材から補うのとほぼ変わらず、手軽に取り入れられるサプリメントです。

公式サイト詳細はいちごカルシウム公式サイトでご確認ください

いちごカルシウムの口コミは?

いちごカルシウムを子供に飲ませている親御さんの口コミを見てみると、「牛乳が嫌いで全く飲まない子供がいちごカルシウムを食べることを毎日楽しみにしている」、というものがありました。
味に関する評価には定評があり、その他にも「子供に飲ませやすい」という意見はとてもたくさんありました。

また、やはり「手軽な値段」であることを喜ぶ声も多々ありました。中には、ついつい飲ませるのを忘れてしまう、という意見も。

サプリメントは一日飲んだからといってすぐに効果が現れるわけではありません。特にカルシウムは成長期が終わってからも常に必要な栄養素なので、毎日コツコツと摂取する必要があります。
他の薬と違い、ついつい飲み忘れてしまいがちなのがサプリメントを摂取する難しさのひとつ。

起きたらまず食べるようにする、朝食のあとに食べる、食べたらカレンダーに印をつけるなど、飲み忘れを防止する工夫を考えてみてください。

カルシウムの働きは?

カルシウムの必要摂取量は年齢によって変わります。人間の一生の中で、一番大量にカルシウムを摂取しなければならないのは、成長期の時期です。
人の体には生まれつきそれぞれの骨の両端に骨端線という軟骨があります。乳白色で柔らかいのが骨端線の特徴で、成長期に成長ホルモンをあびることで骨端線が伸びていきます。

亜鉛 身長
引用元:nobita-sintyou.jp

 
成長期が終わりを迎えると、骨端線は白く固くなり、骨になります。つまり、骨端線がすべて伸びきってしまったり、骨端線が伸び切る前に成長期が終わって固まってしまうと、それ以上身長が伸びることはありません。

成長ホルモンがしっかり分泌されていないと骨端線が伸びきらなかったり、生まれつき人によって骨端線の量に違いがあることが、人それぞれ身長の伸び方が異なる理由です。

成長ホルモンの影響だけではなく、もちろん骨自身が栄養不足の状態では、骨端線がしっかり伸びていくことができません。骨や骨端線の栄養となるものが、なにを隠そうカルシウムそのものです。
体内のカルシウムが不足すると、骨や歯は自身に貯蔵しているカルシウムを溶かして体内に放出してしまいます。そうすると、骨や歯はもろくなってしまい、骨折しやすくなったり骨粗しょう症の原因にもなりかねません。

ところが、現代人は大人も子供もカルシウムが不足しがち。それぞれの年代の必要摂取量に比べて、実際に摂取されている量には約200mgほどの違いがあります。
カルシウムが不足しがちな原因のひとつは、カルシウムの性質にもあります。カルシウムはとても体に吸収されにくい成分のため、摂取したカルシウムがすべて栄養として使用できるわけではありません。
体に吸収されなかったカルシウムはそのまま体外に排出されてしまうので、摂取した分すべてを効率的に使用することができません。必要量を目安に摂取しているつもりでも、結果的には不足している、ということもあるようです。

関連記事カルシウム不足は危険!子供に降りかかる3大症状とは?

サプリメントはあくまでもサポートとして考えて

まれにサプリメントの使用を始めると、それだけで安心してしまう人がいます。しかし、サプリメントはあくまでも必要な栄養素の一部を補助してくれるものでしかありません。

いちごカルシウムにいたっても、一日に必要なカルシウムのすべてを摂取できるわけではありません
牛乳を始めとしたチーズなどの乳製品や、骨や殻のまま食べられる小魚や桜エビ、海藻や緑黄色野菜にもカルシウムは豊富に含まれています。日常生活における食事でも、カルシウムをしっかり摂取することは忘れないでください。

また、子供がすくすくと成長していくためには、冒頭での説明の通り、成長ホルモンも大きく関係しています。いくらカルシウムで骨に栄養を補給していても、成長ホルモンを浴びることで始めて骨端線が順調に伸びていくからです。
カルシウム以外にも、アルギニンなどのアミノ酸には成長ホルモンの分泌を促してくれる役割があることで知られているので、他の栄養素もバランスよく摂取することが望ましいです。

関連記事カルシウムを効率よく吸収するための三大栄養素とは?

野菜,冷凍保存
食生活だけでなく、睡眠や運動など、生活習慣を整えることも欠かせません。適度な運動をしたあとには成長ホルモンの分泌が増えることがわかっています。
特に効果的なのは、縄跳びや踏み台昇降のようなリズム運動といわれるもの。なんだか身長が伸び悩んでいるな、と感じるようであれば、お休みの日でもしっかり外に出て、リズム運動をさせてあげましょう。

睡眠は、ただ寝れば良いというのではなく、質の高い睡眠をとることが肝心です。睡眠中、人の体は浅い睡眠と深い睡眠を繰り返しています。
しかし、就寝前に運動をしたり食事をしたり、テレビやスマートフォンを使用していたりすると脳や体が刺激されてしまい、深い睡眠につくことができないなど、眠りの質が低下してしまう可能性があります。

そもそも、就寝してから最初に深い眠りについてからの数時間は、もっとも多量の成長ホルモンが分泌されるので、睡眠の質はしっかり担保したいところです。
特に気をつけたいのは就寝時間。中学生ぐらいになると親に合わせて夜更かしをしたり、受験勉強で夜遅くまで勉強する子供も増えてきますが、夜10時から午前2時までのあいだは成長ホルモンにとってのゴールデンタイムです。
この時間帯には多くの成長ホルモンが分泌されるので、その少し前には就寝し、この時間には深い睡眠につけるようにしておくことが理想的です。

このように、成長の鍵はいたるところに隠されています。子供は放っておくと好きなものばかり食べたり、ついつい遊びすぎて夜更かしをしてしまったり、と、なかなかしっかり自分自身の管理ができません。
子供の生活習慣を見直して、今のうちに成長のための環境を整えておきましょう。

関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

まとめ

  • いちごカルシウムには、一日の摂取量の目安の2粒あたり、牛乳瓶1本分のカルシウムを補うことができる。
  • 味に関する評価には定評がある。
  • 1袋(1ヶ月分)税込1,296円。1日約43円。

 

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪