この記事は約 3 54 秒で読めます。

成長期のお子さんがいる親御さんは、毎日の献立にアタマを悩まされているのではないでしょうか?

成長期に必要な栄養素といえば、骨をつくるタンパク質やカルシウムのほか、六大栄養素と呼ばれる炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、そして食物繊維をバランスよく摂らなければならず、知識としてわかっていながらも、それらを食事に取り入れるのは本当に大変なことだと思います。

どんな食材にどのような栄養があるのでしょうか?

成長期に必要な食材とその栄養素

子どもの栄養を考えながら献立を考えるのは毎日のことで、偏ってしまうこともあります。
どの食材にどんな栄養素が含まれているのか、見ていきましょう。

関連記事成長期に必要な栄養素とは?野菜だけではバランスが悪い?
関連記事子供の身長を伸ばす為の3大要素!?必要な栄養素とは?

豚肉

豚肉にはなんと牛肉の約10倍のビタミンB1が含まれていて、豚のヒレ肉で1日のビタミンB1の必要量を補うことができます。

そのほか成長促進に欠かすことのできない、ビタミンB2をはじめ、身体をつくるために必要なタンパク質が豊富に含まれています。

牛肉

牛肉には身体のなかで生成することのできない、必須アミノ酸が豊富に含まれているため、積極的に取りたい食材です。

豚肉同様に肉類にはタンパク質が豊富ですが、牛肉の赤身には、豚肉の2倍の鉄分が含まれています。

鶏肉

鶏肉は豚肉や牛肉にくらべて、低カロリーで高タンパク質を摂ることができます。粘膜を強くすることができる、ビタミンAが豊富です。

卵にはビタミンCと食物繊維以外の、タンパク質、カルシウム、ビタミン、ミネラルといった、成長期に欠かすことのできない栄養が豊富に含まれています。
子どもにも人気のある食材ですので、毎日の献立に上手に取り入れたい食材です。

加工肉

ハムにはビタミンB群が豊富なほか、ベーコンにはビタミンB群のほかに、成長促進に必要な亜鉛が豊富に含まれています。その亜鉛の含有量はマイワシと同等のため、お魚嫌いのお子さんでも、効率よく亜鉛を摂ることができます。

魚類

魚にはビタミンB群が全体的に多く含まれています。ビタミンB群のほかにも、ビタミンDやビタミンE、スタミナをつけると言われている鰻には、皮膚や粘膜をつくり、感染症を予防するビタミンAが豊富に含まれています。

また、いわしはカルシウムが豊富な魚ですが、しらすや煮干しになるとカルシウムの量も増え、子どもでも比較的簡単食べやすいでしょう。

子どもたちの魚離れといったことをよく耳にしますが、骨を取り除いたファストフィッシュなどもスーパーにも並んでいます。低カロリーで高い栄養素を摂るには、工夫して魚を食べるようにしたいところです。

きのこ類

きのこ類にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富にふくまれています。骨をつくるのに欠かせないカルシウムは、じつは吸収されにくい栄養素ですが、ビタミンDはそのカルシウムの吸収を助けてくれます。

キャベツ、ピーマン

ビタミンCというと果物に豊富に含まれているイメージですが、キャベツやピーマンにも豊富に含まれています。ビタミンCのはたらきは腱や軟骨をつくることから、やはり成長期には欠かせない栄養素でしょう。

大豆

大豆にはタンパク質が豊富に含まれているため、大豆のほかにも豆腐や納豆といったものからもタンパク質を摂るといいでしょう。肉類のところでお話したように、肉類にもタンパク質は豊富に含まれていますが、低脂質、低カロリーでタンパク質を摂るには、大豆や大豆加工品がおすすめです。

ほうれん草

ほうれん草には鉄分やマグネシウムといった、成長に欠かせない栄養素が豊富ですが、過熱や、水で洗うなどといった調理の過程で、栄養素が失われてしまうことがあります。

食事だけ栄養を摂るのは大変なこと

まだまだ人間の身体に必要な栄養素を含む肉や野菜、魚がたくさんあります。主な栄養や食材をざっとあげただけですが、これらを日々の献立にバランスよく、かつ、効率よく取り入れるのは簡単ではありません。

また、調理方法によっては、栄養素が失われてしまったり、栄養価はあるものの身体に吸収されにくい栄養だったりと、食事をとっていても、栄養が摂れないこともあります。

肥満が成長の妨げになることも

成長期に、なるべく栄養を取ろうと食事を食べ過ぎて、同時に脂質や糖質を摂り過ぎて肥満気味になると、これを成長と勘違いして成長が止まってしまうことも考えられます。

そういった点からも、食事だけで栄養を摂るとなると、調理にも食材にも専門知識が求められます。

サプリメントなどで不足分を補う

食事だけでは不足しがちだったり、上手に吸収できなかったり、調理の過程で失われがちな栄養を、サプリメントで補うのはどうでしょう?

サプリメントというと、薬品のように考えているひともいるかもしれませんが、サプリメントは薬品ではなく栄養を補助する食品です。

と言っても、やはりおとな向けに開発されたものがほとんどのため、子どもには錠剤の大きさや、匂いが気になって飲みにくいのも多いようです。

関連記事【徹底比較】子供の身長を伸ばすサプリメントで効果があるのは一体どれ?

成長には成長期の栄養に特化したノビタタブレット

成長期の子どもには成長を促すアミノ酸や骨を構成するカルシウムなどが配合され、かつ、飲みやすいサプリメントがいいのではと探してみて、目にとまったのが「ノビタタブレット」です。

ノビタタブレット
「ノビタタブレット」で驚いたのが、なにかひとつの栄養素ではなく、成長期に必要な栄養成分がバランスよく配合されているところです。

ノビタタブレットの特徴

ノビタタブレットにはゼラチン由来のフィッシュコラーゲンのほか、ステアリン酸カルシウム、アルギニン、乳酸カルシウム、卵黄ペプチドが配合されています。

とくに「ノビタタブレット」の特徴としてあげたいのが、カルシウムと一緒にとることにより骨の成長をサポートすると言われている、卵から発見されたアミノ酸のつながりであるペプチド「ボーンヘップ」が配合されている点です。

お子さんもすすんで飲んでくれる、グレープフルーツ味

またサプリメントを検討されるひとのなかには「お子さんが偏食や少食で栄養不足が気になる」といった理由が多いようです。この「ノビタタブレット」は成長期の子ども向けに開発されたサプリメントのため、子どもでも飲みやすいグレープフルーツ味のタブレットタイプです。

実際に試した口コミでも「おやつ感覚ですすんで飲んでいます」といった口コミを、よく目にします。

まずサプリメントを選ぶときには栄養成分の配合量などを気にするかと思いますが、それと同じように大切なのが「続けられるか」ということだと思います。そういった点でも、子どもたちがすすんでおやつ感覚で飲むことのできるグレープフルーツ味のタブレットは、継続的に飲むのにはもってこいだと思います。

気になるノビタタブレットの口コミは

「毎日美味しいと言って喜んで食べています。」
「美味しいから続けられます。」

と、味に関する口コミが多いのも、ノビタタブレットの特徴ではないでしょうか?

また、効果としては、サプリメントといったものは、個人差もあり口コミを鵜呑みにするのは難しいのですが

「3ヶ月あけたら、身長の伸びが鈍りましたので、うちの子供には効果があるようです。」
「小学3年生から飲んでいますが、小学5年生まで毎年10センチ弱伸びました。」

という、効果を実感しているケースもあります。

確かに成長期の子どもですから、ノビタタブレットの効果かどうかはわかりませんが、成長期に不足しがちで、必要な栄養成分が配合されたノビタタブレットを、まずはおやつ感覚ではじめてみるのはいかがでしょうか。

公式サイト詳細はノビタタブレット公式サイトでご確認ください

まとめ

  • 成長期に必要な栄養成分がバランスよく配合されている。
  • カルシウムと一緒にとることにより骨の成長をサポートすると言われている、卵から発見されたアミノ酸のつながりであるペプチド「ボーンヘップ」が配合されている。
  • 子どもでも飲みやすいグレープフルーツ味のタブレットタイプ。

 

The following two tabs change content below.

身長が伸びる方法.com編集部

小学生・中学生・高校生のお子さんがいるあなたに。このサイトでは成長期の子供の身長を伸ばすための情報を配信しています!健やかな発育のために…高身長を作るために必要な栄養素から、簡単にはじめられる身長を伸ばす習慣など知っておきたい情報が満載♪